Adobe | 無料でダウンロード出来るソフトはある?【Adobe初心者必見】

Adobe社製のソフトを使ってみたいと思っても、予算などの都合もありますから購入するかどうか迷ってしまいますよね。

しかし、Adobeソフトには無料でダウンロードして使えるものがちゃんと用意されているんです。

今回は無料で使えるAdobeソフトについて、そのダウンロードの方法と一緒に解説します。

無料でダウンロード出来るAdobeソフトはある?

無料で使えるAdobeソフトには、そもそも無料でダウンロードできるものと、有料ソフトの無料体験版として配布されているものがあります。

体験版には一部制限があるので、製品版なのか体験版なのか把握していないとトラブルにつながりかねません。

まずはそれぞれどんな製品があるのか説明していきます。

無料で使えるAdobeソフト①|Adobe Acrobat Reader DC

まず、無料でダウンロードできるAdobeソフトとして、Adobe Acrobat Reader DC(アクロバットリーダー)があります。

これはPDF形式のファイルを閲覧するために必要なソフトで、一度ダウンロードすればずっと無料で利用することができます。

caution
ただし、PDFの作成など、閲覧以外の主な機能を利用するには、後述するCreative Cloudにも含まれるAcrobat proという有料ソフトが必要になるので注意しましょう。

無料で使えるAdobeソフト②|Adobe Creative Cloud 体験版

次に、無料でダウンロードできるAdobeソフトとしては、有料ソフトであるAdobe Creative Cloudの体験版が挙げられます。

こちらは、IllustratorやPremiere Proといった各種Adobeソフトを利用できるものになっています。

なお、無料で利用できるのは体験版のみであり、ダウンロードしてから使える期間に制限があるので気を付けてください。

無料で使えるAdobeソフト③|Adobe Elements ファミリー 体験版

他にも無料でダウンロードできるソフトには、Adobe Elementsという有料ソフトの体験版があります。

こちらは、PhotoshopやPremiere Proのように、画像あるいは動画を編集する際に使える2種類のソフトがあり、それぞれ体験版が用意されています。

こちらもCreative Cloudと同様に、体験版を利用できる期間が定まっています。そのため、動作の確認などやるべきことを期間終了までに終えておくことが大切になります。

Adobeソフトを無料でダウンロードする方法

続いて、先ほど紹介したAdobeソフトを、実際に無料で使えるようにダウンロードする方法について説明していきます。

Adobeソフトを無料でダウンロードする方法①|Acrobat Reader DC

まずは、Adobe Acrobat Reader DCの公式HPにアクセスしましょう。

https://www.adobe.com/jp/acrobat/pdf-reader.html

ページ中の「Acrobat Readerをダウンロード」というボタンを押すとダウンロード用の画面に切り替わります。

切り替わったページの「Acrobat Readerをダウンロード」をクリックすることでダウンロードが始まり、無料でAdobe Acrobat Reader DCが使えるようになります。

Adobeソフトを無料でダウンロードする方法②|Creative Cloud 体験版

基本的には、Acrobat Readerをダウンロードした手順と同じです。

Adobe Creative Cloudの公式HP「https://www.adobe.com/jp/creativecloud.htmlにアクセスしたら、ページ中の「無料で始める」をクリックしてダウンロード画面に遷移します。

プランなどを選択したら、メールアドレスとクレジットカード情報を入力して、「無料体験を開始」を押せば体験版がダウンロードできます。

なお、使いたいソフトが決まっている場合には、Creative Cloudではなく各ソフトごとの無料体験版をインストールすることもできます。

Adobeソフトの製品ページを一番下までスクロールしたところにある「すべての製品を表示」という箇所をクリックすると、Creative Cloudに含まれている製品の一覧が出てきます。

ページが移動したら、その中からダウンロードしたいソフトを探し、「無料で始める」という箇所をクリックして進めれば体験版が利用できるようになります。

Adobeソフトを無料でダウンロードする方法③|Elements ファミリー体験版

Adobe Elementsのソフトに関しても、上記と同じ手順で無料の体験版をダウンロードできます。

以下の公式HPから、下へスクロールしたところにあるリンクをクリックします。

https://www.adobe.com/jp/products/elements-family.html

バージョンを選択したら、「無料で始める」を押すと体験版をダウンロードできます。

各Adobeソフトの無料体験版の期間・制限

すでに解説した通り、有料であるAdobeソフトの無料体験版には利用できる期間や制限が設けられています。

体験期間を有効活用し、確認したい機能を十分に使うことで、正しく購入の判断をすることができます。

それぞれの期間や制限についてはしっかり把握しておきましょう。

Adobe Creative Cloudの無料体験版の期間

まずはAdobe Creative Cloudの無料体験版を利用できる期間は、ダウンロードしてから7日間となっています。

様々な製品や機能を試そうにも、7日間という期間は非常に短いです。そのため、Adobe Creative Cloudにある中でどのソフトを使いたいか、どんな機能が使えるかの確認など、目的をある程度決めたうえで利用して、製品版の購入を検討しましょう。

Adobe Elementsの無料体験版の期間

次にAdobe Elementsの無料体験版を利用できる期間についてですが、こちらはダウンロードしてから30日間と比較的長い期間利用できるようになっています。

Adobe ElementsのソフトはCreative Cloudと異なり買い切りタイプですので、無料期間中じっくり使ってみて、気に入ったらそのまま購入して使い続けることができます。

なお、製品版をインストールする際には、シリアルナンバーが必要となるので、紛失などしないように大切に保管しておきましょう。

Adobeソフトの無料体験版での機能制限

一般に、無料体験版のソフトでやアプリケーションでは機能が制限されていることもありますが、Adobeソフトの無料体験版では、一切の機能制限なく利用することができます。

使いたい機能は搭載されているか、実際に使いこなすことはできそうか、しっかり確認するようにしましょう。

Adobeソフトの無料体験版使用上の制限

Adobeソフトでは、無料の体験版でも機能上の制限は設けられていませんが、作った作品を商用利用することは禁止されています。

もし商用利用したい場合には、製品版を購入およびダウンロードしてから使うようにしましょう。

まずはAdobe公式で体験版を無料ダウンロードしよう!

今回は無料でダウンロードして使うことのできるAdobeソフトについて解説しました。

基本的には、Adobe社製のソフトは有料となっていますが、体験版など無料で使えるように配布されているソフトもちゃんと用意されています。

Adobeソフトを使ってみたいけど、どうしようか迷っているという方は、まずは体験版をダウンロードしてみて、自分にとって使えそうかどうか確かめてみてから、また検討してみるのが良いでしょう。