簡単3ステップ!Photoshopフォント追加法|日英おすすめフォント20選も!

今回はPhotoshopに新しいフォントを追加する方法を紹介します。

Mac版、Windows版での方法を具体的に解説するので、迷うことなくPhotoshopで新しいフォントを追加して利用できるようになります。また、無料でダウンロードできる日本語・英語フリーフォントをそれぞれ10種類紹介しています。

様々なフォントをPhotoshopに追加して、デザインのスキルアップに役立ててください。

目次

【Mac版】Photoshopにフォントを追加する方法

Mac版のPhotoshopへフォントを追加する方法を解説します。Photoshopへフォントを追加するというよりは、Mac自体にフォントを追加することでPhotoshopでも使えるようになる仕様です。

Mac版Photoshopにフォントを追加する方法の手順①|フォントをダウンロード

まずお好みのフリーフォントをダウンロードできるサイトへアクセスします。フリーフォントがダウンロードできるサイトは数多くあり、多くの場合アカウントを作成してログインする必要があります。


今回はBooth(ブース https://booth.pm/ja)というサイトからフリーフォントをダウンロードします。

Boothトップ画面の上にある検索窓に「フリーフォント」と入力すると、無料でダウンロードできるフォント一覧が表示されます。

お好みのフリーフォントをクリックすると表示される「無料ダウンロード」をクリックすると、自動的にダウンロードが始まります。⬇︎

ダウンロードが完了したら、デスクトップなどお好みの場所に「フォント」などの名前でフォルダを作り、その中へ保存するといいかと思います。

Mac版Photoshopにフォントを追加する方法の手順②|フォントデータを展開

フォントデータの多くはzipファイルなどの圧縮ファイルで配布されており、使用するためにはこれを展開する必要があります。

Macではこのzipファイルをダブルクリックするだけで展開・解凍できます。

Mac版Photoshopにフォントを追加する方法の手順③|フォントをインストール

展開して生成されたフォルダを開くと、「ttf」「otf」といった2種類のファイルがある場合があります。

「otf」ファイルがある場合はそちらをダブルクリック「ttf」しかない場合はそちらをダブルクリックするとインストールを確認するパネルが表示されます。

「ttf」「otf」とは

ttfという拡張子データは昔からあるような定番フォントに多く、高機能ではない代わりに使用できる環境が多い仕様となります。例えば、年賀状作成ソフトやシール作成ソフトなど、多くのソフトで使用できます。

otfデータはttfデータより高機能ですが、使用できる環境は狭まります。しかし、デザインなどに特化した仕様のため、Photoshopなどで使用する場合はotfのほうをインストールすることをオススメします。

ここで「字の太さ」が設定できる場合はダウンドロップから太さを選択後、「フォントをインストールする」をクリックすることでMacへインストールされ、Photoshopでも使用できるようになります。

Photoshopを起動中の場合は、Photoshopを再起動することで使用できるようになります。

Photoshopで設置したテキストを選択すると、右側のパネルにあるフォント選択のダウンドロップが表示されるので、そこからインストールしたフォントを選択して使用しましょう。⬇︎

【Windows版】Photoshopにフォントを追加する方法

次に、Windows版のPhotoshopにフォントを追加する方法を解説します。Windowsの場合も、Photoshopへフォントを追加するというよりはパソコン自体にフォントを追加するとPhotoshopで使用できるようになるという仕様です。

Win版Photoshopにフォントを追加する方法の手順①|フォントをダウンロード

フリーフォントをダウンロードできるサイトへアクセスし、お好みのフリーフォントをダウンロードしましょう。


今回は上のMac版と同じ、Booth(ブース)というサイトからダウンロードしてみます。フリーフォントをダウンロードできるサイトではログインが必要な場合が多いので、必要に応じてログインするようにして下さい。

Boothトップ画面上にある検索窓へ「フリーフォント」と入力して検索すると多くの無料で使用できるフォントが表示されます。⬇︎

お好みのフォントをクリックすると、「無料ダウンロード」とあるので、こちらをクリックするとダウンロードされます。

デスクトップなどに「フォント」など名前をつけたフォルダを作成し、その中にドラッグで保存します。

Win版Photoshopにフォントを追加する方法の手順②|フォントを展開

多くのフォントデータは、zipなどの圧縮ファイル形式で配布されているので、圧縮状態から解凍・展開する必要があります。

まずzipファイル上で右クリックすると表示されるメニューから、「解凍する」「展開する」などを選択しましょう。

Win版Photoshopにフォントを追加する方法の手順③|フォントをインストール

圧縮ファイルを展開すると通常のフォルダが生成されるので、そのフォルダを開きましょう。

開くと「ttf」「otf」などのデータがあるので、もしあれば「otf」のほうを右クリックメニューから「インストール」を選択します。もし「ttf」のみだった場合は「ttf」をインストールしましょう。

  • 「ttf」「otf」の違いについては、上のMac版の同じ手順で解説しています。

これでインストールの完了です。

Photoshopを起動中の場合はPhotoshopを再起動することで使用できるようになり、フォントを選択ダウンドロップメニューに表示されるようになります。⬇︎

Photoshopで使えるおすすめ日本語フォント10選

無料で利用できるフォントのなかでオススメのものをピックアップして紹介します。まずは日本語のフォント10選です。
caution
紹介するフォントはすべて無料ですが、ライセンスに一度目を通すようにしましょう。

また、無料版では収録されている文字数が少なかったり、太さが選べなかったりなど制約がある場合もあります。

Phothoshopおすすめ日本語フォント①|手書き風フォント「からかぜ」

http://enuoka.booth.pm/items/1219316

手書きのような自然なタッチが人の温かみを感じさせる日本語フォント。

Phothoshopおすすめ日本語フォント②|モギハ・ペン字フォント

http://ahito.com/item/desktop/font/mogihaPen/

ペン字で書いたようなカジュアルなタッチの日本語フォント。

Phothoshopおすすめ日本語フォント③|しょかきうたげ

https://shokaki.hatenablog.jp/entry/2019/08/06/172131

焼き鳥居酒屋のメニューにありそうな活気あるフォント。

Phothoshopおすすめ日本語フォント④|イマジン・ヨコハマ

https://fontfree.me/530

おしゃれ・フォーマルを兼ね備えた万能フォント。

Phothoshopおすすめ日本語フォント⑤|うつくし明朝体オールド

https://www.flopdesign.com/freefont/utsukushi-mincho-font.html

横書きに特化したオールドスタイルの明朝体フォント。

Phothoshopおすすめ日本語フォント⑥|新コミック体

http://www.font910.jp/font-list/conposite-comic.html

マンガでよく見る、かな・漢字ともにウェイトが統一されたアンチック書体フォント。

Phothoshopおすすめ日本語フォント⑦|こころ明朝体

https://typingart.net/?p=46

少し縦にほっそりした角丸な明朝体フォント。

Phothoshopおすすめ日本語フォント⑧|お祝いフォント

https://fontfree.me/1225

お祝儀などの冠婚葬祭やお中元などにも使えそうな筆字フォント。

Phothoshopおすすめ日本語フォント⑨|KKM-アナログテレビフォントv2

https://booth.pm/ja/items/15234

昔のアナログテレビで見たことあるようなデジタルフォント。

Phothoshopおすすめ日本語フォント⑩|鉄瓶ゴシック

http://fontna.com/freefont/?p=12

凹凸のあるガラス素材ににじんだようにデフォルメされたゴシック系フォント。

Photoshopで使えるおすすめ英語フォント10選

次はPhotoshopで使える英語の無料フォントを紹介します。

Phothoshopおすすめ英語フォント①|QUICK CAPS

https://www.behance.net/gallery/47333197/QUICK-CAPS-Free-Typeface

ペンで手書きしたようなカジュアルな英語フォント。

Phothoshopおすすめ英語フォント②|TUNA

https://www.behance.net/gallery/39336587/Tuna-Typeface-(2-free-fonts)

個性は強いが読みやすく、オシャレ・デザイン性を兼ね備えた英語フォント。

Phothoshopおすすめ英語フォント③|Stay Writer

https://www.behance.net/gallery/36149147/Stay-Writer-Free-Handwriting-Font-Download

手書き感のあるかわいらしい英語フォント。

Phothoshopおすすめ英語フォント④|Signatura

https://www.behance.net/gallery/47775793/Signatura-Monoline-Script-Free-Font

モダン・美しさ・オシャレを兼ね備えた筆記体フォント。

Phothoshopおすすめ英語フォント⑤|Andara

https://freedesignresources.net/andara-script-free-demo/

ロゴや店内ポップ・バナーに使えそうなオシャレ系英語フォント。

Phothoshopおすすめ英語フォント⑥|BOURBON

https://www.jeremyvessey.com/bourbon-grotesque/

読みやすくしっかりしたゴシック系英語フォント。

Phothoshopおすすめ英語フォント⑦|Osaka Chips

https://befonts.com/osaka-chips-fun-font.html

どこか楽しそうな印象の英語フォント。

Phothoshopおすすめ英語フォント⑧|Biggi OL

https://befonts.com/biggi-ol-capital-font.html

古くて懐かしいビンテージな印象の英語フォント。

Phothoshopおすすめ英語フォント⑨|Lemon Milk

https://befonts.com/lemon-milk-font-family.html

メッセージ性が強いシャープなゴシック系の英語フォント。

Phothoshopおすすめ英語フォント⑩|Enchants

魅了されるような美しくマジカルな印象の英語フォント。

Photoshopであなた好みのフォントを追加してみよう!

今回はフォトショップにお好みのフォントを追加する方法を紹介しました。ネット上に散らばる様々なフォントを活用することで、デザインの幅が広がり、より豊かな表現ができるようになります。

また、無料で利用できるフォントもどんどん取り入れて、デザインのスキルアップに役立ててください。