Youtube撮影・制作用におすすめのカメラを人気順に紹介!選び方のコツも

YouTubeに挑戦しようと思ったときに、まず必要なのはカメラですよね。

この記事ではYouTube撮影・制作用におすすめのカメラを種類別・人気順に紹介していきます。また、カメラの選び方からおすすめのカメラ機材についても解説していきましょう。

目次

Youtube撮影で使われているカメラの種類

YouTube撮影で使われているカメラには大きく分けて4種類あります。ここではそれぞれの特徴について解説していきます。

スマホカメラ

スマホカメラYouTube撮影するのに一番コストがかからないカメラです。今の時代、スマホを持っていない人がいないほどスマートフォンは普及しています。

また、今のスマホカメラは高画質の動画を撮影することもできるので、撮影してそのままYouTubeにアップすることも可能です。

最初はなるべくコストをかけずに撮影したいと思うので、スマホカメラで撮影をするのもいいですね。

ミラーレス一眼カメラ

ミラーレス一眼カメラは、一眼カメラの中でもミラーが無いため軽量で動画撮影向きのつくりになっています。本体が軽いだけでなく、レンズも小型で軽量のものが多いためどこでも持ち歩いて動画撮影できます。

カメラのセンサーも良いものが使われているので綺麗な映像を撮影するのにミラーレス一眼カメラは最適です。ユーチューバーもよく使用していますね。

ビデオカメラ

ビデオカメラは、動画を簡単に撮影できるカメラです。映像を撮影するために作られているため、手ブレ補正機能やズーム機能などが充実しています。

またビデオカメラ自体がコンパクトな作りなので、長時間の撮影も可能です。

コンパクトデジタルカメラ

コンパクトデジタルカメラは、コンパクトに作られ安価に購入できるカメラです。カメラの作りもシンプルで、写真撮影や動画撮影も簡単にできる作りになっています。

カメラの知識の無い人でも写真や動画撮影ができるように、カメラの機能も必要最低限が用意されています。

Youtube用おすすめカメラTOP4【ミラーレス一眼カメラ編】

ここではYouTube撮影用でおすすめのミラーレス一眼カメラを4つ紹介していきます。

Youtube用おすすめミラーレス一眼カメラ ①Sony VLOGCAM ZV-E10

Sonyの「VLOGCAM ZV-E10」は、名前の通りVLOG撮影に特化したSonyの小型ミラーレス一眼カメラです。

動画撮影に特化したミラーレス一眼カメラで、デジタル一眼のセンサーを生かしながら暗いところも明るく撮影できたり、高性能なAF機能も搭載。またVLOG撮影に役立つワンタッチでの背景ぼけ切換ボタンを搭載し、人物を強調した映像を撮影できます。

Youtube用おすすめミラーレス一眼カメラ ②Panasonic LUMIX G100

Panasonicの「LUMIX G100」も、小型のミラーレス一眼カメラで、VLOG撮影に特化しています。

自撮りも簡単にできるよう視認性に優れたタッチパネル搭載のフリーアングルモニターでVLOG撮影がしやすいカメラの構造になっています。

また手持ち撮影を快適にするためミニ三脚にもなる専用グリップもついているので、いろいろな場所で撮影でき、映像シーンの幅が広がりますね。

富士フYoutube用おすすめミラーレス一眼カメラ ③富士フィルム X-S10

富士フィルムの「X-S10」は、小型軽量なミラーレス一眼カメラです。

画質も上位機種に変わらないものを維持しつつ、AF性能手ブレ補正機能もしっかり搭載。

また、AUTOやSPモードがしっかりしているので初心者でも簡単に綺麗な写真や映像を撮影できます。

created by Rinker
富士フイルム
¥120,000 (2022/01/28 18:32:29時点 Amazon調べ-詳細)

Youtube用おすすめミラーレス一眼カメラ ④Canon EOS RP

Canonの「EOS RP」は、小型軽量なカメラにもかかわらず、フルサイズのセンサーを搭載。高画質な映像を撮影できるEOS Rシステムを搭載し、高感度で低ノイズの映像を実現しました。

また、高速オートフォーカスで、高精度でスピーディにピントを合わせ撮影できます。

Youtube用おすすめカメラTOP4【ビデオカメラ編】

つづいてYouTube撮影用でおすすめのビデオカメラを4つ紹介していきます。

Youtube用おすすめビデオカメラ ①Panasonic HC-VX1M

Panasonicの「HC-VX1M」は4Kの高画質ビデオカメラです。

特に早い動きがある映像を撮影したい場合、高速・高精度なオートフォーカス技術により、快適な4K撮影が可能。

また、5軸ハイブリッド手ブレ補正を搭載しており、動きながらの撮影やズーム撮影でも手ブレがおきないのも魅力です。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥89,500 (2022/01/28 19:58:27時点 Amazon調べ-詳細)

Youtube用おすすめビデオカメラ ②Sony Handycam FDR-AX45

Sony Handycamの「FDR-AX45」も4Kの高画質に対応したビデオカメラです。特に、空間光学手ブレ補正と4K高画質センサーでブレずにキレイな映像を撮影できます。

また、専用に開発されたレンズを搭載しておりワイド端26.8mmの広角撮影が可能です。ズーム機能に関しても、20倍の光学ズームに加えて、4K記録時は30倍、HD記録時は40倍での撮影ができます。

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥105,000 (2022/01/28 20:00:00時点 Amazon調べ-詳細)

Youtube用おすすめビデオカメラ ③GoPro HERO10 BLACK

GoProの「HERO10 BLACK」は片手でも持てるサイズのアクションカメラです。アクションカメラにもかかわらず、解像度が4Kより91%アップした超鮮明な5.3Kビデオを撮影できます。また、GoProは防水性能が優れているため、水中での撮影も十分可能です。自然を相手に、よりなめらかで臨場感のある映像を撮影できますね。

Youtube用おすすめビデオカメラ ④DJI POCKET 2

DJI POCKET 2は、手ブレの無い鮮明な写真や映像を撮影できるジンバルカメラです。特にカメラ自体が非常にコンパクトで持ち運びに困らないです。そのため、どんな場所でもすぐに撮影を始められます。このサイズのカメラにもかかわらず、4K動画の撮影も可能で、しかも手ブレが無いので魅力的な映像が撮影できますね。

created by Rinker
DJI
¥63,850 (2022/01/28 19:58:29時点 Amazon調べ-詳細)

Youtube用おすすめカメラTOP4【コンパクトデジタルカメラ編】

最後に、YouTube用おすすめコンパクトデジタルカメラを4つ紹介していきます。

Youtube用おすすめコンパクトデジタルカメラ ①Sony VLOGCAM ZV-1

Sonyの「VLOGCAM ZV-1」は、vlogに特化した映像を撮影するためのコンパクトデジタルカメラです。被写体が映えるようにワンタッチで背景をぼかす「背景ぼけ切り換え」を搭載。

また商品レビューの動画を撮影する時に、ピントを顔から商品へボタン一つで変更できる機能もあります。また、自撮りが快適にできるバリアングル液晶なのでとにかくvlog撮影に特化したカメラになっています。

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥89,000 (2022/01/28 20:00:01時点 Amazon調べ-詳細)

Youtube用おすすめコンパクトデジタルカメラ ②Sony RX100VII

Sonyの「RX100VII」は、コンパクトデジタルカメラにもかかわらず、フルサイズのミラーレス一眼の機能に近いものを搭載した高機能なカメラです。特にAFのスピードが早く、世界最速0.02秒を実現。また、高解像4K動画も撮影可能で、外出やスポーツなど日常のさまざまなシーンに使えます。

Youtube用おすすめコンパクトデジタルカメラ ③Canon SX740HS

Canonの「SX740HS」は光学40倍の高倍率ズームを搭載しながら、4K動画も撮影可能です。それは、Canonが作成した高性能のズームレンズにより小型レンズでありながら高倍率と高画質を両立できるものに仕上がっています。

また、上側約180°に可動し、自分撮りやローアングルに活躍する「チルト液晶」も搭載しており、自撮りなどの動画撮影も可能です。

Youtube用おすすめコンパクトデジタルカメラ ④Panasonic LUMIX TX1

Panasonicの「LUMIX TX1」は、大型1.0型センサーと光学10倍ライカDCレンズで、高画質と高倍率を両立しているコンパクトデジタルカメラです。

また、レンズシフト式(光学式)手ブレ補正で、ズーム時に起こりやすいブレを軽減する効果があります。コンパクトカメラで軽量にもかかわらず4K 30pの動画を撮影できるため、どこでも持ち出して動画撮影が可能です。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥61,399 (2022/01/28 19:58:31時点 Amazon調べ-詳細)

Youtube用カメラを選ぶ時のポイントは?

YouTube用のカメラといっても、きちんとポイントを押さえて選ばないと失敗してしまいます。カメラを選ぶ時にはおさえておくべきポイントを4つ紹介します。

手ブレ補正機能

まず一つ目のポイントは、手ブレ補正機能です。動画を撮影していて三脚など使用していればいいのですが、手に持って撮影する場合どうしても手ブレが発生してしまいます。

そんなときにカメラにしっかりした手ブレ補正機能があると多少の手ブレはカメラが処理してくれてきれいな映像を撮影することができます。

動画の画質

2つ目のポイントは動画の画質です。やはり、動画を撮影するときにきれいな映像を撮影したいですよね。今、YouTube用のカメラを選ぶなら、4Kの画質は欲しいところです。

画質として4K画質があれば、サイズが大きくなっても、圧縮等でサイズの小さい動画にすることもできます。まずは、4Kサイズの画質が撮影できるカメラを選びましょう。

ズーム撮影機能

3つ目のポイントはズーム撮影機能です。動画を撮影するときに近くのものだけでなく、少し離れた場所で撮影するときもあります。そんなときにズーム機能があった方が撮影がスムーズです。

その場でズームできれば、わざわざ被写体に寄って撮影する手間が省けます。また、どうしても寄れない場所にあるものを撮影するときにはやはりズーム機能は必須ですね。

オートフォーカス機能

最後の4つ目のポイントはオートフォーカス機能です。

オートフォーカス機能は瞬時に被写体にピントを合わせてくれる機能で、この機能により、動画を撮影していても被写体からピントがずれないためしっかりとした映像を撮影できます。

カメラ以外に必要なYoutube用おすすめ機材

ここでは、YouTube用でカメラ以外に必要なおすすめ機材を紹介していきます。

撮影機材用の三脚

まず一つ目は撮影機材用の三脚です。撮影機材の三脚を用意しておくと、まず手ブレが無い映像を撮影することができます。それは、動画撮影する時に手でもったまま撮影すると、相当なプロでなければ多少映像にブレが生じるためです。

また、三脚で安定した場所にカメラをおいておいて、自動で撮影することもできます。撮影機材用の三脚があると一人でYouTube撮影が可能になります。

撮影用照明

二つ目に撮影用の照明が必要です。動画を撮影するときに、カメラの性能にもよりますが、どうしても暗く映ってしまう場合があります。室内だったり、場所によっては外でも暗く映ってしまいます。

そんなときに照明があることで、しっかり被写体を明るく照らして撮影することが可能になります。

動画配信用マイク

3つ目に必要なものは動画配信用マイクです。カメラの音声だけではまれにしっかり音が取れていない場合があります。周りの雑音が大きかったり、人の声があったりで、録画した映像の音がしっかり取れていない場合があるからです。

そんな時に動画配信用マイクを用意しておけば、被写体の声を、雑音の中でもピンポイントで録音することもできます。動画配信用マイク一つで動画の質があがりますね。

動画編集ソフト

最後の4つ目のポイントとして、動画編集ソフトが必要です。カメラで動画を撮影するだけではYouTubeへアップできません。撮って出しの動画ならいいのですが、YouTubeに上げるために不要な部分を切り取るなど多少の編集は必要になってきます。そんなときに動画編集ソフトが必須です。

動画編集ソフトは有料版と無料版があるので、どちらを利用するかはどれだけのクオリティの動画をアップするかで変わります。やはりいい動画をあげたいなら有料版の動画編集ソフトを使用した方が、よりきれいな映像をアップすることができます。

Youtube撮影に最適なカメラを見つけよう!

今回は、YouTube撮影用に最適なカメラを種類別で紹介してきました。

カメラの種類でも特徴や値段さまざまあるので、自分がどの程度のレベルの動画をアップしたいかで選ぶカメラが変わってきます。

また、YouTube用のカメラを選ぶポイントやカメラ以外の必要な機材についても、自分が作りたい動画で変わります。まずは自分の使い方にあったカメラや機材を選び、より良いYouTube撮影を楽しみましょう。