After Effectsを無料で使う方法は?体験版はいつまで?【迷っている方必見】

  

本格的で高クオリティな映像加工が出来るソフト、Adobe After Effects。値段もそれに負けず高く設定されており、なかなか手が伸びないと思います。

  

Adobe公式ページ
https://www.adobe.com/jp/products/aftereffects

 

この記事では、After Effectsを無料で使える方法や、無料体験版の制限や期間について紹介していきます。

  

Adobe After Effectsを無料で使える方法はある?

  

Adobe After Effectsを無料で使う方法|無料体験版をダウンロードする

  

AdobeAfterEffectsを無料で使う方法は、結論から言うと一つだけです。それは、「無料体験版を使う」ことです。

機能の制限がある低価格版や、Lite版(無料版)などは存在しません。なので、無料で使ってみたい方は、無料体験版をダウンロードしましょう。

  

Adobe After Effectsを無料で使う方法|ダウンロード方法

  

AdobeAfterEffects無料体験版をダウンロードする方法を紹介します。

  

まずは、アドビ公式ホームページを開きます。

Adobe公式ページ
https://www.adobe.com/jp/products/aftereffects

 

次に、After Effectsの商品ページを開きます。「無料で始める」をクリックしてAfter Effectsの「始める」を選択。メールアドレスや、カード番号を入力して、体験版をダウンロードしてください。

  

Adobe After Effectsの無料体験版の期間や制限について

  

Adobe After Effectsの無料体験版|試用期間は?

  

Adobe After Effectsの無料体験版の試用期間は、7日間となります。永久に使える訳ではありません。

少し短い気もしますが、簡単な作品を作るには十分な時間。7日間のうちに主要な機能は把握したいところです。

  

じっくり作業したい方は、時間に余裕がある時に体験版を試用するのがおすすめです。

当然ですが試用期間が終了したら、再びダウンロードしても体験版を使用することはできません。

  

Adobe After Effectsの無料体験版|機能の制限は?

  

無料体験版ということで、機能の制限があるのではないかと思う人もいるでしょう。安心してください、Adobe After Effectsの無料体験版の機能に制限はありません!

  

製品版の最新のバージョンと全く同じように使うことができます。ですので、製品版アフターエフェクトを導入したあとの、実際の使用イメージが掴みやすいです。

  

また、ソフトの無料版によくあるような、ロゴの透かしがありません。製品版と全く同じように、制作した作品を出力することができます。

  

Adobe After Effectsの無料体験版|解約はできる?

  

Adobe After Effectsの無料体験版の試用期間終了後は、自動的にサブスクリプションに移行します。体験版を試用してみて、自分に合わないと感じたり、コストに見合わないと思った方は、無料体験版を解約する必要があります。Adobe After Effectsの無料体験版の解約方法を紹介します。

  

アカウントにサインインして、アカウント画面の「プランの管理」をクリック。「プランの解約」をクリックして、解約理由を選んでラジオボタンにチェックする。

  

あとは「続行」して、プランの解約を確定させます。

  

以上で無料体験版を解約することができます。その後も、試用期間中であればAfterEffectsを使用することができます。

  

Adobe After Effectsの無料体験版|どんな人におすすめ?

  

AdobeAfterEffectsの無料体験版は、機能の制限もなく、7日の間だけなら製品版と同様に使用することができます。

プロフェッショナルな機能を無料で使う事ができるので、映像加工を学びたい、After Effectsが気になっている方におすすめです。

  

それと、こちらが本命の方が多いと思いますが、使用環境のチェックをしたい方におすすめです。

  

Adobe製品は、PCへの負荷がとても大きく、PCの環境によっては動作しないなんてこともありえます。高いお金を支払って動作しません、なんてことが起きないように、無料体験版をダウンロードして前もって確認しておくのがベターです。

  

Adobe After Effectsの無料体験版|注意!試用中商用不可

  

個人の趣味で使っている分には何も問題はありませんが、もしも商用で利用したかったら、注意することがあります。

  

無料体験版の試用期間中は、制作物を商用目的に利用することができません。

  

さらに、無料体験版での制作物は、製品版を導入した場合のみ、商用目的に利用できます。(無料体験版を解約した場合は商用利用不可)

  

After Effectsの無料ダウンロードはこちら!

 

有料でもAdobe After Effectsが使われる理由は?

  

Adobe After Effectsは、単体で年間プランで月額2728円。やはり高クオリティなソフトなだけあって結構なお値段しますが、それでも有料で使われている理由があります。

  

After Effectsが有料でも使われる理由①豊富なエフェクト

  

Adobe After Effectsには、エフェクトという機能が実装されています。

エフェクトを使うことで、手軽にかっこいいアニメーション動画を制作できます。

有料のものから無料のもの、たくさんの種類のエフェクトがあるので、好みに編集してみましょう。

  

After Effectsが有料でも使われる理由②ダイナミックな映像制作

  

Adobe After Effectsは、かなり高レベルでプロフェッショナルな映像編集ソフトです。

モーショングラフィックス、コンピュータグラフィックス、VR映像など、ハイクオリティな映像が制作できます。

  

After Effectsが有料でも使われる理由③Prとの違い

  

Adobeには、動画編集ソフトとして、Premiere Proが存在しています。

似たようなソフトに見えるAfter EffectsPremiere Pro。わざわざ有料のソフトを増やさず、片方だけでいいのでは、と思う方もいるかもしれません。

  

しかし、2つのソフトは役割が全く異なります。

簡単に説明しますと、Premiere Pro動画を編集するソフトで、After Effects動画にエフェクトをつけるソフトになっています。

  

After Effectsが有料でも使われる理由④Adobe製品との連携

  

Adobe製品は、他Adobe製品と連携することが出来るという強みがあります。

After EffectsPremiere Proの違いを紹介しましたが、2つのソフトを使い分けることができます。

  

After Effectsで作った映像をPremiere Proで繋いで編集するという、2つのソフトの強みを活用して、ハイレベルな制作が実現します。

  

まずは無料体験版のAdobe After Effectsをダウンロードしてみよう!

  

今回は

・After Effectsを無料で使える方法

・After Effectsの無料体験版の期間や制限

・有料でもAfter Effectsが使われている理由

を紹介しました。

7日間、誰でも機能の制限なくのびのびと、高クオリティな映像加工ができます。是非、Adobe After Effectsの無料体験版をダウンロードしてみてください!

After Effectsの無料ダウンロードはこちら!