Adobe Creative Cloudのコンプリートプランはお得なのか?【初心者必見】

Adobe Creative Cloudのプランには種類が多く、どれを選べばお得なのか悩みますよね。

本記事では、Adobe Creative Cloudの各プランやコンプリートプランの料金から、どれを選ぶべきなのか詳しく解説します。

Adobe Creative Cloudのコンプリートプランとは?

Adobe Creative Cloudには、単体プラン、フォトプラン、コンプリートプランの3つがあります。各プランの内容や料金を解説します。

Adobe Creative Cloudの単体プラン|価格一覧

Adobeの各ソフトを単体で使用する場合のプランです。各ソフトのデスクトップ版IPad版最新バージョンで使用できるほか、100GBのオンラインストレージやAdobe Portfolio、Adobe Fonts、Adobe Sparkも使用可能になります。

各ソフトの単体プラン価格一覧は以下のとおりです。

以下ソフトの単体プラン年間プラン(月々払い)年間プラン(一括払い)月々プラン

・Illustrator・Photoshop・Premiere Pro・After Effects・InDsign・Animate・Dreamweaver・Audition
2,728円/月28,776円/年 (月額2,398円相当)3,828円/月
・Acrobat Pro1,738円/月20,856円/年 (月額915円相当)2,948円/月
・Adobe XD1,298円/月10,978円/年 (月額915円相当)なし
・Lightroom・Premiere Rush・Spark1,078円/月10,978円/年 (月額915円相当)なし
・InCopy638円/月6,336円/年 (月額528円相当)968円/月

全て税込価格

Adobe Creative Cloudのフォトプラン|価格一覧

写真加工に特価したプランで、PhotoshopとLightroom、Ligthroom Classicの3つを使用することができます。デスクトップ版とIPad版の最新バージョンを使用可能です。

さらに、20GBまたは1TBのクラウドストレージAdobe Portfolio、Adobe Fonts、Adobe Sparkも使用可能です。

フォトプラン価格一覧は以下のとおりです。

年間プラン(月々払い)年間プラン(一括払い)月々プラン
フォトプラン(ストレージ20GB)1,078円/月12,936円/年 (月額1,078円相当)なし
フォトプラン(ストレージ1TB)2,178円/月26,136円/年 (月額2,178円相当)なし
全て税込価格

Adobe Creative Cloudのコンプリートプラン|価格一覧

単体プランで挙げた全てのAdobeソフトを使用することができるプランです。複数使用する場合は、それぞれ単体プランで契約するよりもかなりお得です。学生または教職員の方であれば、さらにお得な学割プランを使用することもできます

各ソフトのデスクトップ版とIPad版を最新バージョンで使用できるほか、100GBのオンラインストレージAdobe Portfolio、Adobe Fonts、Adobe Sparkも使用可能です

コンプリートプラン価格一覧は以下のとおりです。

年間プラン(月々払い)年間プラン(一括払い)月々プラン
コンプリートプラン6,248円/月72,336円/年 (月額6,028円相当)9,878円/月
学生・教職員用コンプリートプラン1年目2,178円/月2年目以降3,278円/月1年目26,136円/年 (月額2,178円相当)2年目以降39,336円/年 (月額3,278円相当)なし
全て税込価格

Adobe Creative Cloudのコンプリートプランはどれくらいお得なのか?

Adobe Creative Cloudでソフトを使いたいけど、どのプランにするとお得になるのか迷いますよね。

Adobe Creative Cloudでソフトをいくつ以上使う場合に、単体プランよりもコンプリートプランの方がお得になるのか詳しく解説します。

Photoshopのみ使う場合⇒フォトプランがお得

Photoshopのみ使用する場合は、Creative Cloudのフォトプランを契約するのが最もお得ですPhotoshop単体プランよりも安く使用でき、さらにLightroomやLightroom Classicも使用できます。

単体プランとフォトプランを比較した価格一覧は以下のとおりです。

年間プラン(月々払い)年間プラン(一括払い)月々プラン
Photoshop単体プラン(ストレージ100GB)2,728円/月28,776円/年 (月額2,398円相当)3,828円/月
フォトプラン(ストレージ20GB)1,078円/月12,936円/年 (月額1,078円相当)
フォトプラン(ストレージ1TB)2,178円/月26,136円/年 (月額2,178円相当)

全て税込価格

Photoshop以外のソフトを1つのみ使う場合⇒単体プラン

PhotoshopLightroom以外のAdobeソフト1つのみ使う場合は、単体プランで十分です

年間プラン(月々払い)年間プラン(一括払い)月々プラン
単体プラン(ストレージ100GB)2,728円/月28,776円/年 (月額2,398円相当)3,828円/月
コンプリートプラン(ストレージ100GB)6,248円/月72,336円/年 (月額6,028円相当)9,878円/月

全て税込価格

2つのソフトを使う場合⇒コンプリートプランがオススメ

2つのソフトを使用する場合は、それぞれ単体プランを契約した方が少しだけ安くなりますが、1000円ほど上乗せするだけで全てのソフトが使えるコンプリートプランが契約可能になります。そのため2つのソフトを使う場合は、コンプリートプランの方がおすすめです単体プラン2つとコンプリートプランの価格を比較した一覧は以下のとおりです。

年間プラン(月々払い)年間プラン(一括払い)月々プラン
単体プラン×2(ストレージ200GB)5,456円/月(2,728円×2)57,552円/年(28,776円×2)(月額4,796円相当)7,6564円/月(3,828円×2)
コンプリートプラン(ストレージ100GB)6,248円/月72,336円/年 (月額6,028円相当)9,878円/月

全て税込価格

3つ以上のソフトを使う場合⇒コンプリートプランがお得

3つ以上のAdobeソフトを使う可能性がある場合は、Creative Cloudで最初からコンプリートプランを契約した方がお得です

単体プラン3つコンプリートプランの価格を比較した一覧は以下のとおりです。

年間プラン(月々払い)年間プラン(一括払い)月々プラン
単体プラン×3(ストレージ300GB)8,184円/月(2,728円×3)86,828円/年(28,776円×3) (月額7,194円相当)11,484円/月(3,828円×3)
コンプリートプラン(ストレージ100GB)6,248円/月72,336円/年 (月額6,028円相当)9,878円/月

全て税込価格

Adobe Creative Cloudのコンプリートプランがお得になる人の特徴

業務内容ごとに、Adobe CCのコンプリートプランがお得になる人のパターンを紹介します。

WEBデザイン編集

Webデザイン編集では、PCやスマートフォン、タブレットで閲覧する画像をデザインします。ブログやホームページなどのWebサイト、Web広告、ロゴやアイコンなどをデザインする業務です。

Webデザイン業務では、Adobe Creative Cloudで以下のソフトを使うことが一般的です。

“point”

・画像編集:Photoshop

・手軽な写真管理や複数写真加工:Lightroom

・プロ向け写真管理や複数写真加工:Lightroom Classic

・イラスト制作:Illustrator

・手軽なWebデザイン編集:Adobe XD

・デザインデータをコーディング:Dreamweaver

それぞれ単体プランやフォトプランを契約した場合コンプリートプランを契約した場合の価格を比較した一覧は以下のとおりです。

年間プラン(月々払い)年間プラン(一括払い)月々プラン
<フォトプラン>・Photoshop・Lightroom・Lightroom Classic<単体プラン>・Illustrator・Adobe XD・Dreamweaver7,832円/月(1,078円+1,298円+2,728円×2)81,466円/年(12,936円+10,978円+28,776円×2) (月額6,789円相当)11,484円/月(3,828円×3)
コンプリートプラン6,248円/月72,336円/年 (月額6,028円相当)9,878円/月

全て税込価格

画像編集にはPhotoshopがよく使用されますが、イラストやロゴ作成にはIllustratorが向いていますし、Webサイトやモバイルのデザインが手軽にできるAdobe XDも便利です

WEBデザイナーとしてこれらのソフトは使えるようにしておいた方がよいので、最初からコンプリートプランを利用することをお勧めします。

DTPデザイン編集(出版業務)

雑誌やパンフレットなど紙媒体の原稿作成、編集、デザイン、レイアウトを行うDTPデザインもコンプリートプランがお得です。

DTP業務では、Adobe Creative Cloudで以下のソフトを使うことが一般的です。

“point”

・画像編集:Photoshop

・手軽な写真管理や複数写真加工:Lightroom

・プロ向け写真管理や複数写真加工:Lightroom Classic

・イラスト制作:Illustrator

・PDF加工:Acrobat Pro

・レイアウト編集:InDesign

それぞれ単体プランやフォトプランを契約した場合コンプリートプランを契約した場合の価格を比較した一覧は以下のとおりです。

年間プラン(月々払い)年間プラン(一括払い)月々プラン
<フォトプラン>・Photoshop・Lightroom・Lightroom Classic<単体プラン>・Illustrator・Acrobat Pro・InDesign9,262円/月(1,078円+2,728円×3)99,264円/年(12936円+28,776円×2)15,312円/月(3,828円×4)
コンプリートプラン6,248円/月72,336円/年 (月額6,028円相当)9,878円/月

全て税込価格

コンプリートプランでは、InDesignと緊密に連携した文書作成・編集アプリケーションであるInCopyの使い勝手も確認できるため、InCopyを使用したライター・編集者間の共同作業もスムーズになります

動画編集

Youtube編集に不可欠な動画編集も需要が大きく伸びています。Adobe Creative Cloudには動画編集ソフトもいくつかあるので、どれを使うべきか、そしてどのプランがお得なのか迷いますよね。

動画編集では、Adobe Creative Cloudで以下のソフトを使うことが一般的です。

“point”

・動画編集:Premiere Pro

・エフェクト加工:After Effects

・手軽な動画編集:Premiere Rush

・アニメーション作成:Animate

・音声編集:Audition

・動画に入れる画像編集:Photoshop

・動画に入れるイラスト制作:Illustrator

それぞれ単体プランやフォトプランを契約した場合コンプリートプランを契約した場合の価格を比較した一覧は以下のとおりです。

年間プラン(月々払い)年間プラン(一括払い)月々プラン
<フォトプラン>・Photoshop<単体プラン>・Premiere Pro・After Effects・Premiere Rush・Animate・Audition・Illustrator15,796円/月(1,078円×2+2,728円×5)167,792円/年(10,976円+12,936円+28,776円×5)(月額13,983円相当)19,140円/月(3,828円×5)
コンプリートプラン6,248円/月72,336円/年 (月額6,028円相当)9,878円/月

全て税込価格

動画編集にはPremiere ProやAfter Effectsがよく使用されます。単純に動画や音声をつなぎ合わせる場合はPremiereProでも十分ですが、影や輝きなどちょっとしたエフェクトを付けたい場合はAfterEffectsも使う必要があります。動画編集者としては両方使える状態にした方がよいです

また動画に挿入する画像を作成、加工するためPhotoshopやIllustratorも使用するため、動画編集をする人は迷わずコンプリートプランを使用しましょう。

Adobe Creative Cloudのコンプリートプランを公式サイトから購入しよう!

Adobe Creative Cloudには単体プラン、フォトプラン、コンプリートプランの3つがあり、それぞれのプラン詳細と料金について詳しく解説しました。

1つのアドビソフトしか使わない場合はフォトプランや単体プランで十分ですが、複数のソフトを使う可能性がある場合は断然コンプリートプランがお得になります。すべてのAdobeソフトが使えるので、Webデザイン、DTPデザイン、動画編集など様々なクリエイティブ分野の作業ができるようになります。

時折セールで安くなっている場合もあるので、Adobe CCの公式サイトを確認して購入しましょう。