iPhoneで動画撮影を始めるあなたへ!最初に揃えるべき機材を一挙紹介!

近年、iPhoneを初めとしたスマホカメラの性能が良くなってきたことにより、iPhoneやスマホで動画撮影をして手軽にYouTubeやTikTokなどの動画配信サイトに投稿する人が増えてきています。
しかし、「自分も始めたい!」と思っても、何から準備すればいいのか分からないものです。

そこで本記事では、iPhone・スマホで動画撮影をするために必要な機材についてご紹介します。
様々なシチュエーションに対応でき、視聴者の目を引くような動画が誰でも作成できる機材を揃えましたので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

iPhone・スマホで動画撮影をする際に必要な機材は?

最近のiPhoneやスマホはカメラの性能が良いため、高画質の写真や動画を撮影することが出来ます。広角モードが追加されたり、綺麗な音声で録音することができたりと、動画撮影におけるカメラの性能はビデオカメラや一眼レフにも劣りません。iPhoneやスマホのみでの撮影でも十分ですが、別売りの撮影用機材を用いると、さらに綺麗な動画を撮影することができるようになります。

そこで、iPhoneやスマホで動画撮影する際に必要な機材を大きく5つのカテゴリーで紹介します。

iPhone・スマホで動画撮影をする際に必要な機材①レンズ

iPhoneやスマホで動画撮影をする際に必要な機材の一つ目がレンズです。レンズを付けることでより広い画角で撮影したり、より遠くのものや近いものを綺麗に撮影したり出来るようになります。

iPhone用のレンズには様々な種類があり、画角や望遠倍率の選択肢が沢山あります。レンズ一つ一つの価格はそれほど高くないため、ある程度種類を揃えておくことで撮影の幅が広がります。

iPhone・スマホで動画撮影をする際に必要な機材②マイク

iPhoneやスマホで動画撮影をする際に必要な機材の2つ目がマイクです。外付けマイクを付けることで、よりクリアに録音することが出来ます。

iPhoneの内蔵マイクだけでも十分綺麗に録音することが出来ますが、風の音や周囲の雑音も拾ってしまうなど、性能に限界があります。そのため、iPhoneやスマホで動画撮影をするならマイクの接続は必須です。ただiPhoneの場合、iPhone7からはジャックがありません。そのため、変換端子を別で用意する必要があります。

iPhone・スマホで動画撮影をする際に必要な機材③ジンバル

iPhoneやスマホで動画撮影をする際に必要な機材の3つ目がジンバルです。ジンバルを使用することで、動画撮影時の揺れや傾きによって起きるブレを抑えることができます。

ジンバルは、持ち手の先に回転台が付いており、AIが水平を判断してiPhoneを一定の向きに保つ仕組みです。iPhoneやスマホにも手ぶれ補正機能がありますが、ジンバルの有り無しでは動画の質にかなり差が出ます。

iPhone・スマホで動画撮影をする際に必要な機材④三脚

iPhoneやスマホで動画撮影をする際に必要な機材の4つ目が三脚です。クオリティの高い動画を作るには、カメラを固定したアングルでの撮影も大切になります。

動画撮影をする際には特に、好きな高さや角度に調節できる三脚だと便利です。また三脚は、その大きさから移動時の荷物になることが多い機材です。なるべく携帯性に優れた三脚を選ぶことをおすすめします。

iPhone・スマホで動画撮影をする際に必要な機材⑤その他

レンズ、マイク、ジンバル、三脚の4つの機材以外にも動画撮影を助けてくれる機材はたくさんあります。

例えば照明機材があると、どんなシチュエーションでも自分の顔をはっきりと撮影することができます。また、マイクや照明機材、レンズなどをiPhone本体に固定するホールド機材があると、撮影時に機材が邪魔になりません。

どちらも撮影に必須な機材とまでは言いませんが、有ると無いとでは動画のクオリティーに確実に差が生じます。

【レンズ】iPhone・スマホ動画クオリティを上げる機材紹介

iPhoneやスマホ用のレンズは現在たくさん販売されています。倍率の種類も多いので、色々な種類のレンズを試してみましょう。その中でも今回は、iPhone・スマホ動画クオリティを格段に上げてくれるレンズを4つ紹介します。

Luxsure スマホ用カメラレンズ


Luxsure スマホ用カメラレンズはレンズ本体にクリップが着いてるため、拡張パーツなしでiPhoneやスマホに接続することが出来ます。
15Xマイクロレンズを用いることで、iPhoneやスマートフォンの純正レンズでは正確に撮ることが難しい4cm以内の被写体の撮影も簡単です。
また、広角レンズが付属しているため、広い範囲で動画を撮影したい時や集合写真を撮りたい時でも対応できます。

Amazonの価格は2880円です。

Selvim 7 in1 スマホ用カメラレンズ


Selvim 7 in1 スマホ用カメラレンズは、Amazonのデイリーランキングで連日1位を獲得しているスマホ用カメラレンズです。また、日経新聞にも掲載される程、性能が信頼されています。
22倍望遠レンズが付いているので、遠くの被写体もクリアに録画することができます。また、先端にあるリングを回すことで簡単にピント調節ができるため、初心者の方でも簡単に綺麗に撮影することができます。

22倍高品質望遠レンズセット、25倍マイクロレンズ、235°魚眼レンズ、0.62倍広角レンズ、ミニ三脚、アイカップの6個セットで価格は3299円です。

APEXEL 10in1 スマホレンズキット


APEXEL 10in1 スマホレンズキットは、望遠レンズや広角レンズを含む7種類のレンズとフローフィルターや星型フィルターを含む4種類のフィルターがセットになっています。
CLPフィルターは、ガラスや水などの反射を抑えて彩度を増強します。日中、日差しが強い時でも被写体をクッキリと綺麗に撮影できるのがポイントです。
星型フィルターは、明るい物体が放つ光を星型に加工してくれます。金属製品をより高級に撮影することができます。

Amazonの価格は2899円です。

Yarrashop スマホ用カメラレンズ


Yarrashop スマホ用カメラレンズは、0.6倍広角レンズと15倍マクロレンズが付いたiPhone・スマホ用カメラレンズです。
Yarrashopの広角レンズは、広角レンズを使用した際にありがちな独特の歪みを極限まで抑え、自然な広角で撮影することができます。
また、マクロレンズを使用すると、被写体に3cm近づいて撮影したとしても綺麗に撮影できます。

 Amazonの価格は2780円です。

【マイク】iPhone・スマホ動画クオリティを上げる機材紹介

iPhoneやスマホの純正マイクは暴風性能が乏しいため、風の強い日だと風の音の録音されてしまう事故が起きやすいです。そこで今回は、どんなシチュエーションにも強いマイクを4つご紹介します。

Moman ワイヤレスUSBマイク【Youtube撮影に】


Moman ワイヤレスUSBマイクは、スマホ用のピンマイクです。iPhoneやスマホから離れて動画を撮影する際もクリアな音声を録音できる為、Youtubeの撮影で音声を入れたいときにもおすすめです。
もちろん使用用途はピンマイクとしてだけではありません。固定機材を購入してMoman ワイヤレスUSBマイクを取り付ければ、iPhoneやスマホにより近い場所の音声を録音することが可能です。

 Amazonの価格は4599円です。 

ComicaCVM-VM10-K2スマートフォンマイク


ComicaCVM-VM10-K2スマートフォンマイクは、マイクを専門に製造、販売している「COMICA」が製造しているiPhone・スマホ用マイクです。信頼ある企業ですので、安心して購入ができます。

通常のオーディオマイクにも採用されているカーディオイド指向性を持ちます。これは、単一方向の音声を強くキャッチする機能で、正面にある対象物が放つ音に注目して録音してくれます。

OMBAR 外付けマイク 


OMBAR 外付けマイク は、防振ブラケットによりマイクが安定するため、ノイズが大幅に軽減します。
また、セットで防風セーターが付いており、使用することで風の強い場所での撮影も問題なく行うことができます。

 Amazonの価格は3298円です。

Comica CVM-VS07小型マイク


Comica CVM-VS07小型マイクは15mm×55mmとかなり小型設計です。にも関わらず、前方向の集音性がある本格マイクとなっています。
マイクと3.5mmオーディオジャックが一体化しているため、接続はマイクを直接iPhoneやスマホに繋げるだけと簡単です。コードが嵩張ることがないので、持ち運びにも便利となっています。

Amazonの価格は価格は3015円です。

【ジンバル】iPhone・スマホ動画クオリティを上げる機材紹介

ジンバルは動きのある被写体の動画を撮影したり、逆に自分が動いて撮影するときにとても便利です。そこでiPhone・スマホ動画のクオリティを上げてくれるジンバルを4つご紹介します。

Zeshbit スマホジンバル スタビライザー


Zeshbit スマホジンバル スタビライザーは、折り畳むとわずか20cm、227gと非常にコンパクトな設計です。
また、持ち手を変形させて三脚として使用したり、本体を長くして自撮り棒として使用したりできるなど、汎用性にも優れています。
さらにリモコンをiPhoneやスマホに連携することで、遠距離からでも撮影することができます。

Amazonの価格は3699円です。

スマホジンバルQIMIC 920mAh


スマホジンバルQIMIC 920mAhは、ジンバルとしても三脚としても使うことができます。フレームは頑丈で軽いアルミ合金材質を使ってるため、重さはたったの200g程しかありません。そのため、長時間の撮影での腕の負担を軽減してくれます。リモコンは充電式なので、電池交換の必要がないのも魅力的ですね。

Amazon価格は3699円です。

hohem スマホジンバル iSteady X


hohem スマホジンバル iSteady Xは駆動域が4点、そのうちモーター部分が3点とかなり多いです。そのため、どんなシチュエーションの動画撮影にも柔軟に対応してくれます。
モーターは強化されたDCブラシレスモーターを使用しているため、スムーズかつ静かに動作してくれ、動画撮影の邪魔になりません。
また、iSteady 3.0アンチシェイクアルゴリズムシステムを搭載しており、ブレを最小限まで軽減してくれます。

Amazonの価格は8999円です。

【三脚】iPhone・スマホ動画クオリティを上げる機材紹介

三脚があれば、様々なアングルから動画を撮影することができ、より動画に色味が出ます。とはいえ、三脚は色々な種類が販売されていてどれがいいのか分かりにくいです。そこで、iPhone・スマホ動画クオリティを上げる三脚を4つご紹介します。

Amazonベーシック 軽量三脚


Amazonベーシック 軽量三脚は、Amazonが販売している三脚です。そのため、返品や交換など取引の面では大いに信頼することができます。
Phoneやスマホを取り付けるには別でジョイントを用意しなければなりませんが、頑丈さなどカメラ用三脚ならではの安心感があります。

Amazon価格は3023円です。

created by Rinker
Amazonベーシック(Amazon Basics)
¥2,880 (2022/01/28 18:55:23時点 Amazon調べ-詳細)

TZONOO スマホ用三脚


TZONOO スマホ用三脚は、40cmから130cmの間で高さ調節が可能な三脚です。様々なシチュエーションに合わせて、欲しい高さに調節することができます。
また、約10メートル離れても操作可能なリモコンにより、遠くからでも遠隔撮影することができます。わざわざボタンを押してから持ち場に着く必要がありません。

Amazonの価格は1880円です。

KYOKA 三脚付きワイヤレス自撮り棒


KYOKA 三脚付きワイヤレス自撮り棒は名前の通り、自撮り棒としても三脚としても機能する優れものです。荷物を一つにまとめることができるため、撮影場所に最小限の持ち物で行くことができます。
角度調節も180度可能だから、自由な角度で撮影可能です。

Amazon価格は2280円です。

JOBY スマートフォン三脚


JOBY スマートフォン三脚は自由な形に変形可能なゴリラポッドを採用しています。そのため、不安定な場所でもiPhoneやスマホを立てて動画撮影することができます。
また、木や塀などに巻きつけることも可能なので、一般的な三脚では設置不可能な角度からの撮影ができます。

Amazonの価格は2527円です。

【その他】iPhone・スマホ動画クオリティを上げる機材紹介

MAXKU 自撮りライト


YouTubeで動画配信をするなら、自分の顔は常に明るく撮影しなければなりません。自撮りライトがあればどんなシチュエーションでも顔を明るく照らしてくれて便利です。
MAXKU 自撮りライトはクリップ式になっており、iPhoneやスマホならどの部分でも挟み込んで使用できます。

Amazon価格は1980円です。

Kekilo LED ビデオライト


Kekilo LED ビデオライトは、一眼レフ用の本格ライトです。アタッチメントや固定機材を使用することで、iPhoneやスマホに取り付けることができます。

一眼レフ用なので、照明の性能は本格的です。動画撮影時の照明に関しては、これをつけておけば間違いありません。

SmallRig スマートフォン用ケージ


アタッチメントをたくさんつけて撮影したいときは、iPhone・スマホ用の固定機材があると便利です。照明やマイク、レンズなどを取り付けてビデオカメラのように両手で構えて撮影することができるます。
SmallRig スマートフォン用ケージは、折り畳み式で軽量な設計になっています。また、右ハンドルにボタンが付いており、手を離すことなく動画の撮影を開始、停止することができる。

Amazon価格は6899円です。

SmallRig スマートフォン用ビデオリグ


SmallRig スマートフォン用ビデオリグは、携帯のレンズ位置に合わせて上下左右の調節が可能です。そのため、ほぼ全てのiPhoneやスマホを取り付けることができます。
2つのコールドシューに加えて四つのネジ穴があるため拡張の幅が広く、どんな使い方もできるのがポイントです。
SmallRig スマートフォン用ビデオリグはもともと映画撮影用に設計されたモデルですので、信頼して使用することができます。
拡張パーツも充実しており、ハンドルグリップやトップバー、モバイルバッテリー収納スペースまで販売されています。これ一台持っておけば、今後新しくiPhone用の動画撮影機材を購入したとしても問題なく取り付けることができます。

Amazon価格は7799円です。

機材を揃えてiPhone動画撮影に磨きをかけましょう!

最新のiPhoneやスマホはカメラの性能がかなり良くなっています。そのため、わざわざビデオカメラを購入しなくても、YouTubeなどの動画配信サイトに綺麗な動画を投稿することができます。

さらに本記事で紹介した機材を撮影に取り入れることで、今まで出来なかったアングルからの撮影が可能になるなど、動画撮影の幅が広がります。その結果、動画のクオリティが上がり、視聴率アップに繋がるでしょう。

是非ともこの記事を参考に、iPhone・スマホ用の動画撮影機材を揃えて、あなたの動画に磨きをかけましょう!