Illustratorでアピアランス属性をコピーする方法!できない時の対処法まで!

Illustratorで簡単にアピアランス属性をコピーする方法を5つご紹介します。上手くコピーできないときの対処法もご紹介します。

図形やテキストの線や塗りつぶし、効果、不透明度などのアピアランス属性をそれぞれの図形で一から設定するのはとても非効率で時間がかかります。しっかりマスターしてイラレ作業を効率化しましょう。

Illustratorでアピアランスのコピー方法①|スポイトツール

Illustratorでアピアランスをコピーする方法として、スポイトツールがよく使われます。スポイトツールでは、

  • コピー元から抽出するコピー方法
  • コピー先へ適用するコピー方法

の2通りのやり方があります。

コピー元からアピアランスを抽出コピー

コピー先を選択した状態で、スポイトツールを選択します。そのままコピー元の図形をクリックすることで、アピアランスが反映されます。

STEP.1
コピー先図形を選択 
STEP.2
スポイトツールを選択 
STEP.3
コピー元図形をクリック 

スポイトで、コピー元からアピアランスを吸い取るイメージです。クリックするだけで簡単にアピアランスをコピーできます。

コピー先へアピアランスを適用コピー

先ほどの抽出コピーとは逆に、コピー先へ適用コピーする方法です。

コピー元図形を選択した状態で、スポイトツールを選択します。Alt(Option)を押しながらコピー先図形をクリックすると、アピアランスが反映されます。

STEP.1
コピー先図形を選択 
STEP.2
スポイトツールを選択 
STEP.3
Alt(Option)をクリック 
Windows:Alt + コピー先をクリック

Mac  :Option +コピー先をクリック

Alt(Option)を押すと、スポイトツールのポイントが変わります。この状態でコピー先図形をクリックすると、アピアランスが適用されます。

スポイトで、コピー先図形へとアピアランスを押し出して適用させるイメージです。

Alt(Option)+クリックを繰り返すことで複数の図形にどんどんアピアランスを反映できます。Illustratorで複数の図形に連続でアピアランスをコピーしたい場合にとても便利です。

Illustratorでアピアランスがコピーできないときの対処法

スポイトツールを使ってもアピアランスが上手くコピーできないことがあります。そんなときは、Illustratorのスポイトツールオプションを確認しましょう。

スポイトツールをダブルクリックし、スポイトツールオプションを開きます。スポイトの抽出と適用それぞれのアピアランスのチェックボックスにチェックを入れましょう。

チェックを入れることで、スポイトツールでアピアランスがコピーできるようになります。

アピアランスのコピー方法②|アピアランスパネル

Illustratorでは、アピアランスパネルを使用しても、アピアランスを簡単にコピーすることができます。パネルを開く必要がありますが、ドラッグするだけでコピーできるのでスポイトツールよりも簡単です。

アピアランスパネルでアピアランス属性をドラッグ

コピー元図形を選択し、アピアランスパネルを開きます。アピアランスパネルのサムネイル部をコピー先図形にドラッグすると、アピアランスが反映されます。

連続で複数の図形に反映していくことが簡単にできるので、スポイトツールよりも使いやすいかもしれません。

Illustratorでアピアランスのコピー方法③|レイヤーパネル

Illustratorでは、レイヤーパネルを使っても、アピアランスを簡単にコピーできます。レイヤーパネルはよく使うパネルなので、こちらのやり方を覚えるのも効果的です。

アピアランス属性の移動|ドラッグ

レイヤーパネルのサブレイヤー内にあるアピアランスボタンをドラッグすることで、アピアランス属性が移動します。移動元の図形のアピアランスは解除され、基本アピアランスの状態になります。線や塗りつぶしのカラーは残ります。

アピアランス属性の複製|Alt(Option)+ドラッグ

移動元の図形のアピアランス属性も残したい場合は、以下のとおりAlt(Option)を押しながらドラッグします。

  • Windows:Alt + ドラッグ
  • Mac  :Option + ドラッグ

アピアランス属性が複製されるので、移動元図形のアピアランス属性は解除されません。ドラッグするだけで簡単にコピーできるので、スポイトツールよりも簡単です。

サブレイヤーが表示されないときは?

レイヤーパネル内でサブレイヤーが非表示になっていることがあります。これではアピアランスボタンを使ってコピーすることができないので、サブレイヤーを表示させましょう。

レイヤーパネルのハンバーガーメニュー(三マーク)内のパネルオプションを確認しましょう。パネルオプション内の、「レイヤーのみを表示」のチェックを外すことで、サブレイヤーも表示されるようになります。

アピアランスのコピー方法④|「基本アピアランス適用」のチェック外す

新しく作成する図形にコピー元のアピアランス属性を最初から反映させる方法を紹介します。後からコピーするのではなく、最初からコピーされた状態で図形作成できるので効率的に作業できます。

Illustratorの初期設定では基本アピアランスが適用される

Illustratorでは、新しく作成する図形には基本アピアランスが適用されてしまいます。

これはIllustratorの初期設定で、「新規アートに基本アピアランスが適用」にチェックが入っているためです。

「新規アートに基本アピアランス適用」のチェックを外す

アピアランスパネルのハンバーガーメニュー(三マーク)内の「新規アートに基本アピアランスが適用」のチェックを外しましょう。

このチェックを外すことで、新しく作成する図形にコピー元のアピアランス属性を最初から反映させることができます。

アピアランスパネルに表示されている属性が新しい図形に反映されるので、別の図形を選択すると、新規作成する図形には、後で選択した図形のアピアランス属性が反映されます。

point
最初からアピアランス属性がコピーされた状態で新規作成できるので、同じアピアランスの図形をたくさん作りたいときに便利ですね。

アピアランスのコピー方法⑤|グラフィックスタイル

Illustratorでは、グラフィックスタイルという機能でアピアランスをコピーする方法もあります。コピー元の画像が消えてしまってもアピアランスをコピーすることができるので、今後もよく使用する予定のアピアランスであれば、この方法でコピーすることをオススメします。

アピアランスをグラフィックスタイルとして追加

コピー元の図形をグラフィックスタイルパネルにドラッグし、アピアランスをグラフィックスタイルとして追加しましょう。追加したグラフィックスタイルをコピー先の図形にドラッグすることで、アピアランスが反映されます。

今後もよく使用する予定のアピアランスであれば、グラフィックスタイルとして登録し、いつでもコピーできるようにしておくと効率的です。コピー元の図形が消えてしまっても、グラフィックスタイルからアピアランスをコピーすることができます。

Illustratorのアピアランスのコピー方法まとめ

Illustratorのアピアランス属性をコピーする方法を5つご紹介しました。

  • スポイトツール
  • アピアランスパネル
  • レイヤーパネル
  • 「新規アートに基本アピアランス適用」のチェックを外す
  • グラフィックスタイル

アピアランスをコピーする方法には、こんなにたくさんのやり方があります。5つすべてを使いこなす必要はないかもしれませんが、覚えておくと便利です。試してみて、自分にとってやりやすい方法を利用しましょう。

Illustratorの作業では線や塗りつぶし、効果などの図形属性を別の図形にコピーする場面は多いので、コピー方法をマスターすることで作業時間を短縮できます。アピアランスのコピーをスムーズに行いイラストレーターの作業を効率化しましょう。