Illustrator|丸(ドット)の点線・囲み線を作る方法!【初心者も簡単】

Illustrator(イラストレーター/イラレ)で図のような丸いドットの線(点線)と、その点線で文字を囲む、囲み線の作り方を紹介します。

「ツール」を使って描く「線」をIllustratorでは「パス」と呼びます。ツールは、直線ツールやペンツール、長方形ツールなどをさします。パスは、太さや色の設定のほか、破線・点線など形状の変更ができ、様々な場面で応用することができます。

Illustratorで丸(ドット)の点線を引く方法!

Illustratorで丸(ドット)の点線を作る方法を紹介します。

Illustratorで丸(ドット)の点線を引く方法①直線から破線に変更する

まずは直線から破線にする方法を紹介します。

直線ツールやペンツールで線を引いたあと、「線パネル」を表示させます。

線パネルを表示させるには、次の3つの方法があります。

  1. コントロールメニューの「線」から
  2. ウィンドウ>線から
  3. アピアランスパネルの「線」から

先ほど引いた線を選択している状態で、線パネルの「破線」にチェックを入れます。

「線分」に数値が自動的に入力され、破線になります。

Illustratorで丸(ドット)の点線を引く方法②破線から点線に変更する

次に、破線から点線に変更します。

線パネルの「線端」を真ん中の「丸型線端」にします。

「線分」を「0」にし、線の「間隔」を線幅よりも大きい数値を入力すると、点線に変わります。

間隔の数値を線幅の数値より大きくする、というのがポイントです。

線幅と同じ数値だと、点同士がくっつきあった線になります。

線幅より小さい数値だと点同士が重なり合った線になります。

Illustratorで丸(ドット)の点線を引く方法③点線から形状を変更する

上記の方法で作成した点線を、長方形に変更してみましょう。

アピアランスパネルを表示させ、「新規効果を追加」、形状オプションに長方形を選びます。

長方形に変更されました。

形状オプションの「幅」の項目は、元々の線から長方形の辺までの距離を表します。

幅を大きくすると、長方形も大きくなります

Illustratorで丸(ドット)の点線を引く方法④図形の枠線を点線に変更する

今度は、はじめに図形を作成したあとで、枠線を点線に変更する方法です。

線パネルから点線にする方法は、最初の方法と同じやり方です。

図形は何でも良いです。

図形を選択している状態で、線パネルを表示させ、丸型先端、破線にチェック、線分を「0」に、間隔に線幅よりも大きな数値を入力します

ちなみに、長方形などの角の形を綺麗に揃えるには、「コーナーやパス先端に破線の先端を整列」を選択します。

間隔や線分の長さを自動的に調節して、角を綺麗に見せてくれます。

Illustratorで丸(ドット)の囲み線を引く方法

アピアランスパネルを使用し、点線の囲み線を引く方法を解説します。

文字の周りを長方形で囲む場合や、縁取りする場合に活用できます。

丸(ドット)の囲み線を引く方法①文字を長方形で囲む

テキストを長方形で囲む囲み線を作ります。

文字ツールでテキストを描きます。

文字編集状態ではなく、選択ツールでテキストを選択している状態(バウンディングボックスが表示されている状態)で、アピアランスパネルを表示させます。

「新規線を追加」をクリックします。

新しく線が追加されました。

この線をクリックして、線パネルを表示させ、点線に変更します。変更方法は、最初に紹介した点線の方法と同じやり方です。

点線にした後、線の項目を選択している状態で、今度は「新規効果を追加」をクリック。

「形状に変換>長方形」を選択します。

長方形の距離を入力すると囲み枠の大きさを調整できます

囲み枠とテキストの距離が均等でないのは、形状オプションの長方形の幅、高さがテキストのバウンディングボックスを基準としているためです。

均等にするには、「新規効果の追加」から、「パス>パスのアウトライン」を適用します。

パスのアウトラインを適用すると、長方形の幅・高さの基準がテキスト自体になるため、囲み枠との距離を均等に揃えることができます

また、テキスト自体を編集し、文字サイズを変更した場合も、囲み枠が追従してくれるので、便利です。

丸(ドット)の囲み線を引く方法②テキストを縁取る

テキストをドットの点線で縁取るような囲み線を作ります。

テキストを選択している状態で、アピアランスパネルから「新規効果を追加」「パスのオフセット」を選びます。

オフセットの数値を入力すると、テキストを囲む様な点線を作ることができます

Illustratorで丸(ドット)の大きさに変化をつける方法

丸(ドット)の大きさや間隔を変更することで点線をアレンジすることができます。

(イメージは以下のサイトを参照ください。)

いろいろな点線と破線:https://youtu.be/ZzbflerKy30

次は「プロファイル」を使用した例を紹介します。

Illustratorで丸(ドット)の大きさに変化をつける方法:プロファイルを使用する

線パネルの「プロファイル」を使用すると、線幅に変化をつけた点線を作ることができます。

ここでは、長方形の囲み線に変化をつけてみました。

これ以外にも、動画で紹介されているように、線分や間隔を調整することで、さらにアレンジが可能です。

Illustratorで簡単に丸い点線を引ける!

Illustratorで丸(ドット)の点線・囲み線を引く方法を解説しました。線パネルやアピアランスパネルを活用することで、表現の幅が広がります。

ぜひ、試してみて下さい。