【必見】Lightroomは無料で繰り返し使える?人気の理由と体験版の期間も紹介!

Adobe Lightroom(アドビ ライトルーム)は、様々なAdobeソフトの中でも、写真の管理とレタッチに特化したソフトです。プロのカメラマンも使うAdobe Lightroom、使ってみたいと思う方も多いのではないでしょうか?

Adobe公式ページ
https://www.adobe.com/jp/products/photoshop-lightroom

今回はそんなAdobe Lightroomを無料で使える方法とLightroomが長く選ばれ続ける理由をご紹介します。

Adobe Lightroomは無料で使い続ける事はできる?

Adobe Lightroomを無料で使う方法は2つあります。一つは体験版を利用する方法、もう一つはモバイル版を利用することです。残念ながらPCで利用可能な体験版は期間限定です。

Adobe Lightroomモバイル版を無料で使用する

Adobe Lightroomモバイル版期限なく無料で使い続けることが可能です。モバイル版はスマートフォンもしくはタブレットのみで利用可能なアプリで、PCでは使用できません。

スマートフォンアプリといっても本格的な画像加工や画像編集ができるので、スマートフォンで写真を撮影して、そのままSNSなどにアップすることが多い場合は、モバイル版がおすすめです。

“caution”
ただし、無料のモバイル版単体で使用する場合はプリセットの追加やクラウドでの保存ができないため注意が必要です。

Adobe Lightroom CCの体験版を無料で使用する

PCでAdobe Lightroomを使いたい場合には、Lightroom CCをダウンロードする必要があります。

Lightroom CCを無料で利用するには、Adobe Creative Cloudの無料体験を利用しましょう。Lightroom CCがご自身の利用目的に合っているか、どのような機能があるかなどを、実際に有料課金する前に体験することができます。

Lightroomの無料ダウンロードはこちら!

Adobe Lightroomの無料体験版の期間・制限について

ただし、Lightroom CCの無料体験版には期間があるので注意しましょう。

Adobe Lightroom CCの無料体験期間は7日間

他のAdobe CCアプリケーション同様、Lightroom CC無料体験版を利用できるのは7日間のみです。7日を経過すると有料版に切り替わるので、有料で利用継続を希望しない場合には、体験版利用期間中に忘れずに解約の手続きをしましょう。

また、7日間の体験期間中でもPCの時間設定などを変更すると使用期間が終了してしまうので注意が必要です。

アンインストールしても繰り返し使うことは不可

一度PCからアプリケーションをアンインストールしてから、再インストールしても利用可能期間は延長されません。

無料体験版を繰り返し使うことはできませんのでご注意ください。

使える機能は無制限

無料版でも使える機能は有料版と変わりません。無料体験版の利用期間中に様々な機能を触ってみて、Lightroom CCでどんなことができるのかしっかりと体験してみるのがよいでしょう。

Lightroom CCの有料プランは3つ

無料版を使ってみてこれからも使いたいと思ったときには、3つのプランがあります。ご自身の使用目的に合ったプランを選びましょう。

一つ目はLightroom単体プランで、月額1,078円で利用が可能です。クラウドストレージは1TBですので、多くの写真をクラウド上で管理することができます。合成などの加工は行わず、Lightroomで写真のレタッチのみを行いたい人向けのプランです。

二つ目は、PhotoshopとLightroomがセットになったフォトプラン月額1,078円ならストレージは20GB月額2,178円で1TBのストレージを利用可能です。Lightroomだけではなく、Photoshopも利用して写真の合成や編集を楽しみたい方はコチラがおすすめです。

三つめはAdobeのすべてのソフトを利用できるコンプリートプラン月額6,248円です。クラウドストレージは100GB利用で、追加料金を払うことで容量を増やすこともできます。写真だけでなく、Premiere Proで動画を編集したり、Illustratorでデザインも楽しみたいという方は、コンプリートプランがお得です。

Adobe Lightroomはどうして選ばれ続けるのか?

Adobe Lightroomはプロのカメラマンや写真家も利用するソフトです。その魅力を解説します。

直感的に操作ができる

Lightroomは、写真に対して実に細やかな調整を加えることが可能です。すべての指数がスライダーで操作ができるので、実際の写真を確認しながら色や明るさなどを直感的に調整することが可能です。

また、不要なものを削除する修正ブラシなどの機能もあり、わざわざPhotoshopを開かなくても、簡単な修正ならLightroom内で完了させることができます。

写真に関する一連の作業がスムーズ

Lightroomは「写真」に特化したソフトのため、写真に対して調整を加えることが可能なのはもちろん、写真の読み込みや管理、現像、書き出しなど、写真に関する一連の作業をとてもスムーズにストレスなく行うことが可能です。

プリセットを利用して、簡単に印象的な写真編集ができる

プリセットとは、色や明るさなどの設定を保存しておき、異なる写真に同じ設定を反映させることのできる機能です。写真の雰囲気に統一感などを出したいときに利用するととても便利です。

また、プロの写真家がプリセットを配布・販売していることもあり、自分で撮影した写真を、お気に入りの写真家と同じ設定で加工することも可能になります。

写真の検索が簡単!

Lightroomに読み込んだ写真はカタログ管理をすることができます。

写真を多く撮るようになると、データの管理が大変ですが、カタログ機能を使うことで大量の写真の中から必要な写真を簡単に取り出すことができます。

複数の写真を一括で編集できる

Photoshopなどで大量の写真を加工するには動作が重くなってしまうことがありますが、Lightroomは写真に特化したソフトのため、多くの写真を一度にとてもスムーズに操作できます。

色や明るさの設定を複数の写真にコピー&ペーストすることも簡単にできるため、同じシチュエーションで撮影された複数の写真を一気に編集することも可能となり、とても効率的に作業を進めることができます。

クラウドで管理・同期ができる

Lightroom CCを利用するとAdobe Crearive Cloudオンラインストレージを利用することが可能になります。

ストレージの容量はプランによって異なりますが、クラウドで管理ができることによりデバイス間のデータの移動も簡単に行えます。自宅のPCで編集した写真を、出先でスマホやタブレットから閲覧することもできるのです。

Lightroomの無料ダウンロードはこちら!

まずは無料体験版でAdobe Lightroomを使ってみよう!

Adobe Lightroomを使えるようになると、写真表現の幅が格段に広がります。写真を撮影するときから、どんな加工をしようか、どんな表現をしようかワクワクする時間に変わること間違いありません。また、たくさん撮って管理しきれない写真の管理を簡単にしてくれるのもLightroomの魅力の一つです。無料のモバイル版を使うのももちろん良いですが、ぜひAdobe Lightroom CCをダウンロードして、様々なプリセットの魅力やクラウド管理の気軽さを体験してみてください。Lightroomを使いこなして、楽しいフォトライフを送りましょう!