Premiere Pro | クロマキー合成をする方法は?合成を使った演出アイデアも紹介!

皆さんは「クロマキー合成」という言葉は聞いたことはありますか?

Premiere Pro初心者の方は耳にした事が無いかもしれません。

「クロマキー合成」とは背景を合成する手法のことです。

クロマキー合成のやり方を身に着けると、背景を自由に変えることができるようになるので動画編集の幅が大きく広がる事間違いありません。

今回はそんなクロマキー合成のやり方についてまとめていきます。

Premiere Proで出来るクロマキー合成(グリーンバック合成)とは?

まずクロマキー合成について解説させていただきます。

そしてPremiere Proクロマキー合成を行う方法をスクリーンショットを使って分かりやすくご紹介していきましょう。

Premiere Proで出来るクロマキー合成(グリーンバック合成)とは?|「クロマキー合成」「キーイング」「グリーンバック」って何?

クロマキー合成とは「キーイング」という切り抜き合成の技術の一種です。

「グリーンバック」と呼ばれる一面緑色の背景を使い、それを透明にして別の映像を差し込む技術のことをいいます。

(青などでも技術的には可能ですが、緑が最も合成に使うのに普及している色です。)

テレビ番組などで、背景が緑のスタジオで撮影している場面を見たことありませんか?

最近ではYoutuberなども良く取り入れています。

「そんなことできるの?」と思われるでしょうが、Premiere Proを使えば簡単にクロマキー合成をすることができるのです。

“point”
何故背景が緑でないといけないかというと、人間の肌色と補色に近い(補色=反対の色)ので切り抜き信号を作るのに適しています。

なので緑でないといけないというわけではなく、切り抜く対象の補色を背景にすることが重要なのです。

Premiere Proでクロマキー合成(キーイング)をする方法

Premiere Proでクロマキー合成(キーイング)をする方法①|タイムライン上に動画クリップを並べる

まずはグリーンバックで撮影した動画、背景にしたい動画を用意します。

画面右下のプロジェクトパネル内に動画を読み込みましょう。

次はタイムライン上に、背景の動画をV1グリーンバックの動画をV2に配置します。

グリーンバックの緑の部分を透明にして背景を合成したいため、背景にしたい動画を下にする必要があるのです。

Premiere Proでクロマキー合成(キーイング)をする方法②|「ultraキー」を使用する

クロマキー合成を行う場合、「Ultraキー」というエフェクトを使う必要があります。

画面右上の「エフェクト」の検索バーに「ultra」と入力してください。

すると「エフェクト」⇒「ビデオエフェクト」⇒「キーイング」「Ultraキー」が表示されます。

「Ultraキー」【V2のグリーンバックの動画】にドラッグしてください。

エフェクトコントロールに「Ultraキー」のエフェクトが追加されました。

Premiere Proでクロマキー合成(キーイング)をする方法③|キーカラーを変更する

次は「Ultraキー」「キーカラー」を変更します。

「キーカラー」の横のスポイトをクリックしましょう。

するとマウスカーソルがスポイトマークになります。

グリーンバックの緑部分をそのままクリックしてください。

クリックした瞬間、V1に置いた背景の動画が、グリーンバックに合成されます。

きれいに背景が入れ替わりましたね。

クロマキー合成を使ったアイデア

次にクロマキー合成を使ったアイディアをご紹介していきます。

クロマキー合成以外に違うエフェクトを合わせて使うと、更に動画編集の幅が広がりますよ。

クロマキー合成を使ったアイデア|濃さを調整する場合

グリーンバックの動画の濃さを調整する事で、雰囲気を変えることができます。

グリーンバックの動画クリップを一番上に配置してください。

画面右上「エフェクト」の検索バーに「Ultra」と入力しましょう。

「ビデオエフェクト」⇒「キーイング」から「ウルトラキー」一番上のグリーンバックの動画クリップにドラッグしてください。

「エフェクトコントロール」「Ultraキー」の右にあるスポイトマークをクリックして、グリーンバックの緑をクリックしましょう。

するとグリーンバックの部分が背景と合成されました。

今回はサイズが大きいので「モーション」「位置」「スケール」を調整しましょう。

「不透明度」「壁画モード」「スクリーン」に変えてみましょう。

すると背景と馴染んで、自然になりました。

クロマキー合成を使ったアイデア|一部だけが緑の場合

下記の動画のように、一部だけが緑の場合に、動画を合成するケースです。

まずはタイムライン上の一番上に配置しましょう。

画面右上「エフェクト」の検索バーに「Ultra」と入力しましょう。

「ビデオエフェクト」⇒「キーイング」から「Ultraキー」を選び、先ほどの動画クリップにドラッグしましょう。

「エフェクトコントロール」「Ultraキー」の横にあるスポイトマークをクリックして、緑の箇所をクリックしてください。

すると緑の部分が背景と合成されますね。

背景の「位置」「スケール」を調整しましょう。

自然に編集することができました。

クロマキー合成を使ったアイデア|ワイプのようにクロマキー合成を使う

クロマキー合成をワイプのように使うこともできます。

画面右下のプロジェクトパネル内に動画を読み込み、タイムライン上に背景の動画をV1、グリーンバックの動画をV2に配置しましょう。

画面右上の「エフェクト」の検索バーに「ultra」と入力してください。

「エフェクト」⇒「ビデオエフェクト」⇒「キーイング」「Ultraキー」が表示されますので「Ultraキー」【V2のグリーンバックの動画】にドラッグしましょう。

エフェクトコントロールに「Ultraキー」のエフェクトが追加されました。

次は「Ultraキー」「キーカラー」の横のスポイトをクリックしましょう。

グリーンバックの緑部分をそのままクリックしてください。

クリックした瞬間、V1に置いた背景の動画が、グリーンバックに合成されます。

画面右上のエフェクトの検索バーに「クロップ」と入力しましょう。

「ビデオエフェクト」⇒「トランスフォーム」「クロップ」を一番上のクリップにドラッグしてください。

「エフェクトコントロール」「クロップ」の上下左右を調整して、切り抜きましょう。

「モーション」「位置」「スケール」を調整してください。

すると上記の画像のように、画面端にワイプのように加工することが出来ます。

Premiere Proでクロマキー合成をしてみよう!

お疲れさまでした!いかがだったでしょうか。

今回はPremiere Proでクロマキー合成を行う方法についてまとめました。

TV番組などで使われるような合成技術が、Premiere Proを使うことでこんなに簡単に使用できるなんて驚きですよね。

動画編集ソフトは他にも色々ありますが、Premiere Proは特に簡単にクロマキー合成を行えます。

Premiere ProのUltraキーであれば背景が緑以外の色でも、単色であれば簡単にクロマキー合成が可能になるのです。

Ultraキーはとても便利なエフェクトといえますね。

是非、Ultraキー、クロマキー合成の使い方を覚えて、動画編集の幅を広げていただきたいです。

今回はここまで読んでくださり、ありがとうございました。