Illustratorで画像を埋め込む方法|一括でできるやり方も解説!

  

Illustratorに画像や写真を読み込んで作業をしていたのに、次にファイルを開いたらなぜか画像が見えなくなった!ということはありませんか?Illustratorには「画像の埋め込み」という機能があり、埋め込みを行うことで、そうしたトラブルを防止することができます。

  

画像の埋め込みとはどういった機能なのかどのように埋め込みを行うのか、詳しく解説していきます。

  

Illustrator|画像の「埋め込み」とは?

Illustrator|画像の埋め込み①画像とファイルの一体化

  

point
画像の埋め込みとは、その名の通り、アートボードの上に配置した画像ファイルをIllustratorファイルのなかに埋め込み、取り込むことを指します。

  

画像の埋め込みを行うことで、リンクされていた画像がIllustratorファイルと一体化します。

  

Illustrator|画像の埋め込み②埋め込みとリンクの違いとは?

  

画像の埋め込みは「取り込み」、画像のリンクは「プレビュー」と考えるとわかりやすいです。

  

Illustratorファイルに画像を配置すると、はじめは「リンク」と呼ばれる状態になり、あくまでも参照(プレビュー)されているだけになります。

  

  

このリンクの状態で元の画像を削除してしまうと、Illustratorファイル上でも表示されなくなってしまいます。いわゆる「リンク切れ」の状態です。

  

Illustrator|画像の埋め込み③画像ファイルのトラブル防止

  

リンク切れというトラブルを避けるために、画像の埋め込みを行います。

  

  

画像の埋め込みを行った分、Illustratorのファイルサイズは大きくなります。例えば、画像サイズの大きい写真ファイルを埋め込むと、パソコンのスペックによっては、Illustratorの動きが少し遅く感じられる場合があります。

  

そのかわり、元の画像ファイルが削除されたりしても、Illustratorファイルには影響を及ぼしません。

  

【基本】Illustratorで画像を埋め込む方法

  

まずは基本となる、Illustrator上部のメニューから画像を埋め込む方法です。

  

画像の埋め込み①|配置メニューから埋め込む方法

  

  

「ファイル」メニューから「配置」を選択します。

もしくは、ショートカットキーの「Shift+Ctrl+P」を同時押しすることでも、配置メニューを呼び出すことができます。

  

  

画像ファイルを選択するダイアログボックスが開きます。

このとき、「リンク」というチェックボックスからチェックを外して、「配置」ボタンを押します。これで、イラレファイル上に画像を埋め込むことができます。

  

画像の埋め込み②|リンクしている画像を埋め込む方法

  

画像の埋め込みで最もわかりやすい方法とは、コントロールパネルから選択するものです。

  

  

すでにイラレファイル上にある画像を埋め込むには、埋め込みたい画像をクリックし、選択している状態で、コントロールパネルにある「埋め込み」をクリックします。

  

サイズの大きな画像や写真を避けて、選択した画像だけを埋め込みたいときに便利です。

  

画像の埋め込み③|リンクパネルから埋め込む方法

  

  

その他に、「リンクパネル」と呼ばれるウィンドウからも画像を埋め込むことができます。

リンクパネルとは、メニューの「ウィンドウ」から、「リンク」をクリックすると表示されるウィンドウです。

  

画像を選択した状態で、リンクパネルの「リンクタブ」の右端にあるメニューボタンをクリックし、「画像を埋め込み」をクリックすればOKです。

  

Illustratorで画像を一括で埋め込む方法

画像を一括で埋め込む方法①|リンクパネルから埋め込む

  

複数の写真や画像を一括で埋め込むときにも、リンクパネルが便利です。

  

  

メニューの「ウィンドウ」から、「リンク」をクリックし、リンクパネルを開きます。

Shiftキーを押しながら画像の名前をクリックし、すべての画像を選択します。

  

  

リンクパネルのメニューボタンをクリックし、「画像を埋め込み」をクリックします。

これで、選択したすべての画像を一括で埋め込むことができます。

  

画像を一括で埋め込む方法②|保存と同時に埋め込む

  

Illustratorファイルを保存する際にも、画像を埋め込むことができます。

 

  

「ファイル」メニューから、「別名で保存」を選択します。ショートカットキーを使うのであれば、Shift+Ctrl+SキーでOKです。

  

  

「別名で保存」のダイアログボックスが開くので、名前をつけて保存します。

  

  

保存ボタンをクリックすると、もうひとつ「Illustratorオプション」というダイアログボックスが開きます。

  

このオプションのなかの「配置した画像を含む」にチェックを入れてOKボタンをクリックすることで、画像の埋め込みを行いながらファイルを保存することができます。

これで、次に同じファイルを開いたときにリンク切れが起こる心配はありません。

  

画像を一括で埋め込む方法③|アートボード上で選んで埋め込む

  

  

アートボードの上にある画像のうち、いくつかの写真や画像だけを一括で埋め込みたい場合もあります。

そんなときは、埋め込みたい画像をCtrlキーを押しながらクリックし、選択します。

  

  

選択できた状態で、コントロールパネルにある「埋め込み」ボタンを押せば、選んだ画像だけを一括で埋め込むことができます。

  

Illustratorで画像を埋め込む時の注意点とは?

画像埋め込み時の注意①|大きな写真素材の埋め込み

  

画像を埋め込むと、取り込んだ画像が大きいほどファイルサイズが大きくなります。たとえばサイズの大きな写真素材を埋め込むと、Illustratorのファイル容量が爆発的に大きくなります。

  

不具合ではありませんが、パソコンの容量が小さい場合などには注意が必要です。

 

画像埋め込み時の注意②|Illustratorが重くなる

  

大きなサイズの画像や写真を埋め込んでしまうと、Illustratorの挙動が重くなります。カーソルがうまく動かなくなったり、保存の際にいちいち時間がかかったりと、あまりいいことがありません。

  

基本的に、画像はリンクの状態で作業を行い、特にファイルサイズの大きい写真素材や画像については仕上げに埋め込むと良いでしょう。

  

画像埋め込み時の注意③|色が変わることがある

  

Photoshopで編集した画像や写真をIllustratorに取り込んだ際、色が変わってしまうことがあります。これは、Photoshopでは「RGB」、Illustratorでは「CMYK」というそれぞれ別のカラーの値を使っているためです。

  

Photoshop側でCMYK変換を行ってからIllustratorに取り込めば、色味の変化を防げます。

  

Illustratorの画像埋め込み法まとめ

イラストレーターで画像を埋め込む方法はさまざまです。ただし、埋め込みながら作業を行うと、イラストレーターの動作が重くなってしまいます。

画像のリンク切れや、ファイルを入稿する際にトラブルを防止するため、最後の仕上げに埋め込むようにするとベターです。