【全部無料】プロが選んだMacのおすすめ動画編集ソフトをランキング形式で紹介

  

YouTubeやSNS、動画広告などの需要が高まり、動画編集をする機会は増えてきていています。これから動画編集をはじめる人の中には、「無料の動画編集ソフトで、コストをかけずに動画編集をしたい」と思う方も多いのではないでしょうか。

  

当記事では、無料で使用できる「Macのおすすめ動画編集ソフト」をランキング形式で紹介します。

  

Premiere Pro | Macで使える無料動画編集ソフト①

  

  

「Premiere Pro」は、Adobe社が開発・提供している動画編集ソフトです。国内・海外問わず多数のユーザーがおり、1番有名な動画編集ソフトと言っても過言ではありません。

  

編集機能が豊富 | おすすめポイント①

  

「カット編集」「トランジション」「テロップ作成」「エフェクト調整」など、Premiere Proにはさまざま編集機能が備わっており、動画編集に必要な機能がすべて揃っていると言えます。Adobe社の他ソフトとの連携も可能です。

  

モーショングラフィックスや特殊エフェクトを作成できる「After Effects」や、豊富な素材・テンプレートを取り揃えている「Adobe Stock」などのソフトを活用して、さまざまな動画をMacで作成することができます。

  

学習環境が整っている | おすすめポイント②

  

多くの動画クリエイターがPremiere Proを使用しているため、インターネット上にPremiere Proの編集方法に関する情報が豊富に揃っています。わからないことがあっても検索すれば解決できる環境が整っていることも魅力の1つです。

  

また、Adobe社のHPでも、チュートリアルを公開しており、これから動画編集をはじめる人に向けた学習環境も充実しています。

  

体験版で豊富な機能をお試しできる | おすすめポイント③

  

Premiere Proには、7日間の無料体験版があります。無料体験版では、有償版同様の高性能な機能を使用することができます。無料版が終了した後も、サブスクリプション形式で使用し続けることが可能で、単体プランは2,728円 / 月(2021年11月時点)です。

  

他の有料ソフトに比べ、比較的安価な値段で使用できるため、継続的に動画編集を行う人におすすめの動画編集ソフトです。

  

iMovie | Macで使える無料動画編集ソフト②

  

  

「iMovie」は、Macにあらかじめ搭載されている無料動画編集ソフトです。Macbook、iPhone、iPadなどApple製品で使用することができます。

  

初心者でも簡単に操作できる編集画面 | おすすめポイント①

  

iMovieは、シンプルな編集画面を持っており、初心者でも直感的に操作できる点が特徴です。

「トリミング」「字幕・タイトルなどの文字の挿入」「BGMなどの音楽の挿入」「トランジション」「書き出し」など、基本的な編集機能を網羅しています。

  

YoutubeなどSNSへのシェア機能が豊富 | おすすめポイント②

  

iMovieには、SNSへのシェア機能が搭載されており、動画編集の画面から「YouTube」「Facebook」「iTunes」「メール」などのSNSへシェアできるようになっています。

  

編集から出力・投稿までiMovie内で完結できるため、編集作業を効率的に行うことが可能です。

  

Video Pad | Macで使える無料動画編集ソフト③

  

  

「Video Pad」は、Mac、Windowsで使用できる動画編集ソフトです。互換性ももっているため、複数人・複数デバイスで編集することもできます。

  

豊富なエフェクトを搭載 | おすすめポイント①

  

Video Padは50種類以上のエフェクトと切り替え効果を持っています。音声・文字の挿入やクロマキー合成などにも対応しており、豊富なエフェクト・機能で簡単に本格的な動画を作成できます。

  

mp4など全ての一般的なフォーマットに対応しているため、さまざまな場面で役に立つ動画編集ソフトです。

  

音声編集も対応 | おすすめポイント②

  

Video Padでは、2つ以上の音声や音楽を重ね合わせてミックスさせることが出来ます。ナレーションの録画もボタン1つで簡単に行えたり、著作権フリーの効果音や音楽をダウンロードできたりと、音声編集機能が豊富です。

  

動画編集において、音声・音源も動画の質を左右する重要な要素です。Video Padの便利な音声ツールを活用して動画の雰囲気を高める音声編集を行いましょう。

  

AviUtl | Macで使える無料動画編集ソフト④

  

  

「AviUtl」は、高度な編集が可能な動画編集ソフトです。ソフト単体を使用した簡単な編集や、拡張編集プラグインを使用した高度な編集など、幅広い使い方ができます。

  

point

MacでAviUtlを使用する際は「Easy Wine」というソフトが必要になるため、あらかじめ準備しておきましょう。

  

柔軟な拡張性を持つ | おすすめポイント①

  

AviUtlは、プラグインを用いた拡張機能が豊富です。基本的な動画編集からプラグインを用いた高度な編集まで対応しています。基本的な編集機能のほか、「ノイズ除去」「ぼかし効果」「色調補正」などが可能です。

  

プラグインなどに詳しい上級者向けのソフトになりますが、AviUtlひとつでレベルの高い動画を作成することができます。

  

ソフトに関する情報が豊富 | おすすめポイント②

  

AviUtlは、1997年にリリースされた動画編集ソフトです。動画編集ソフトの中では長い歴史を持ちます。

  

1997年リリース後、数多くのユーザーが利用しているため、インターネット上にソフトに関する情報がたくさんあります。編集作業でわからないことがあっても、解決しやすい環境が整っているのは、メリットの1つです。

  

HitFilm Express | Macで使える無料動画編集ソフト⑤

  

  

「HitFilm Express」は、VFX機能に特化した動画編集ソフトです。操作しやすい編集画面にも関わらず、高度な編集を行うことも可能な点が魅力です。

  

VFX機能が充実 | おすすめポイント①

  

VFX機能とは、Visual Effectsの略称で、コンピュータ処理によって表現される特殊効果を示します。他ソフトでは、Adobe社のAfter EffectがVFX機能を持った動画編集ソフトです。

  

本格的な動画編集ができるため、中・上級者向けの動画編集ソフトと言えます。

  

操作しやすい編集画面 | おすすめポイント②

  

HitFilm Expressは、映像を横につないでいく「EDITOR」とレイヤーを縦方向に重ねて特殊効果を演出する「Composite Shot」の2つのタイムラインを持っています。

  

従来の動画編集ソフトと同様の機能を持つ「EDITOR」だけではなく、「Composite Shot」を使用して、特殊効果を演出することもできます。

  

【目的別】あなたにおすすめの動画編集ソフトは?

  

ここまで、Macで使える無料動画編集ソフトを紹介してきました。これから動画編集を始める方は、どの動画編集を使えばいいか迷ってしまう場合もあるかと思います。

  

ここからは動画編集の目的別におすすめの動画編集ソフトを解説していきます。

  

初心者向けのMacで使える無料動画編集ソフト | iMovie

  

初心者の人がMacで動画編集をする際は、直感的に操作できるようなインターフェイスであるかが重要です。編集操作を理解するまでに時間がかかってしまうと、編集作業のハードルが上がり、思うように編集作業が進まなくなってしまう場合もあります。

  

「iMovie」では、シンプルな編集画面やアイコン表示で簡単に編集操作を覚えることができます。

  

上級者向けのMacで使える無料動画編集ソフト | Premiere Pro

  

上級者の人がMacで動画作成をする際は、拡張性が重要です。やりたい編集効果や機能が出てきたときに、取り入れられるような拡張性が必要になります。

  

point

「Premiere Pro」を使用すれば、多様な機能で高度な編集ができたり、Adobe社の他ソフト連携ができたりと、編集の幅が広がります。

  

Macで動画編集をするならPremire Pro

  

最もおすすめしたいMac用動画編集ソフトはPremireProです。Premiere Proでは、有料版と同様の機能を7日間の無料体験期間で使用することができ、無料体験期間後もお手ごろな価格で本格的な動画編集を行うことができます。

  

数多くの動画クリエイターやYoutuberが使っており、豊富な機能が搭載されているPremire Proは、魅力的な動画作成に最適であると言えます。

  

Macのおすすめ無料動画編集ソフトまとめ

当記事ではMacで使える無料動画編集ソフトや目的別おすすめ動画編集ソフトを紹介しました。動画編集ソフトによって、編集機能や特徴はさまざまです。ご紹介した動画編集ソフトを参考に、自分に合った動画編集ソフトを見つけて動画編集を楽しんでくださいね。