Photoshop|画像をパス(ペンツール)を使って切り抜く方法を紹介!


Photoshopのペンツールは絵を描くために使えるのはもちろんですが、ペンツールでパスを描き選択範囲として利用することで画像の切り抜きも可能です。ちなみにパスを描くことを「パス取り」パスを使った切り抜きのことを「パス抜き」とも言います。

この記事ではPhotoshopのパスを使用した画像切り抜きの用途や、実際にパスを使う方法とコツをお伝えしましょう。

パスを使いこなせるようになれば、より自由自在に画像を操れるようになりますよ!

パス(ペンツール)を使って切り抜くのはどんなとき?

Photoshopで画像の一部を切り抜くには多くの方法が用意されています。特に初心者が使いやすい選択ツールだけでも何種類もの方法があり、簡単に選択範囲を決められます。では、Photoshopパスを使って切り抜きをするのはどのような時なのでしょうか?パスを使用して選択範囲を決めた方が良い場面をまとめましたよ。

 Photoshopでなめらかなラインの対象物を切り抜きするとき

フォトショップで果実・陶器などの丸みがあって滑らかなものを切り抜くときには自動選択ツールよりもパスを使った方が美しいラインに仕上がります。

自動選択ツールでは高倍率で拡大すると、ボコボコとした線になってしまう場合があります。

 Photoshopで背景との境目が曖昧な対象物を切り抜きするとき

背景が真っ白で切り抜きたいものの色が濃いような状況であれば自動選択ツールでも簡単に切り抜きができます。

しかし、背景がゴチャゴチャしていたり、背景と切り抜きたいものの色が似ていると自動選択ツールは背景と対象物の境目を認識できません。

Photoshopで印刷物に使用予定の画像を切り抜きするとき

パンフレットやポスターなどに印刷して使用される画像は、web用の画像よりも非常に大きなサイズになります。

そのため、パソコン画面で見ると気にならなかった選択範囲の細かなガタガタが目立ってしまうこともあるのです。

基本的には印刷する予定の画像を切り抜くときには、パスを使った切り抜きをする方がお勧めです。

Photoshopで画像をパスで切り抜く方法

ここからは、実際にPhotoshopのパスを使って切り抜きをする方法を説明してきましょう。はじめは時間が掛かるかもしれませんが、慣れてしまえばサクサクと作業がこなせるようになりますので、安心してくださいね。

パスを使って切り抜く方法①|ペンツールの選択

このサンプル画像の手前にあるトマトをペンツールで切り抜いてみましょう。

まずは、Photoshopにてペンツールを選択しオプションで「パス」が選択されていることを確認します。

パスを使って切り抜く方法②|切り抜きたいラインに沿ってパスを作成する

ペンツールを使ってパスを作っていきます。

ペンツールで使われる用語は下記となります。

点          =アンカーポイント

線          =セグメント

曲線を操作する部分  =ハンドル

パスを描くという作業は簡単に説明すれば「切り抜きたい画像に沿ってアンカーポイントを打ち、ハンドルで曲線の傾きを操りながらセグメントで繋げていく作業」だと言えます。

この作業は、頭で考えるよりも目で見て、手を動かして行くことでマスターできるかと思います。

ペンツールの使用方法については動画の方が分かりやすいと思いますので、ご興味のある方はこちらの動画をご覧ください。

https://youtu.be/2G4RiNJ87Ho

パスを使って切り抜く方法③|パスの完成

画像のように最初のアンカーポイントと最後のアンカーポイントが繋がれば切り抜き用のパスの完成です。

最初のアンカーポイントと最後のアンカーポイントが繋がっていいないパスをオープンパス、繋がっているパスをクローズパスと言いますが、画像の切り抜きをするにはクローズパスが必要です。

パスを使って切り抜く方法④|完成したパスで選択範囲を作成する

パスが完成したら、パスを選択範囲に変更する作業を行います。

まず、画像のであるパスパネルを開き「作業用パス」が作られているのを確認してください。「作業用パス」はここまでの作業で自動的に作成されています。

次にの「作業用パス」をダブルクリックしてください。

するとが表れますので、好きな名称を付け(画像では「パス1」)最後に④の「パスを選択範囲として読み込む」マークをクリックします。

パスを使って切り抜く方法⑤|選択範囲の完成

選択範囲が完成しました。

パスを使って切り抜く方法⑥|選択範囲の活用

早速、白の背景にコピー&ペーストしてみましょう。背景は自由に設定できますし、選択範囲の反転をすれば、背景を消して透過性のある画像に仕上がります。

パス(ペンツール)を使って上手く切り抜くコツは?

パスを使った切り抜きが上手になるには、複数回練習を繰り返すことが一番ですが、コツを知れば思っているほど難しいものではありませんし、早くパスに慣れることができるでしょう。

ここでは、パスの使い方のコツを紹介します。

ペンツールを使うときにアンカーポイントを打ちすぎない

Photoshopではじめてパスを使うときには、細かくアンカーポイントを打ち丁寧なパスを描いた方が良いと思う方も多いかもしれません。

しかし、実はアンカーポイントは多いほど操りにくくなります。特に丸みのある滑らかなものを切り抜くのなら極力アンカーポイントの数を少なくできるようにしましょう。

パスを上手に使えるようになると、段々アンカーポイントの数は減ってくるものですが、はじめから意識しておくと良いですね。

Photoshopのショートカットを駆使する

パスを使うときにはPhotoshopのショートカットキーを使いこなせばスムーズに作業が進むようになります。

パスを描きながらshift                 = 直線を引く

アンカーポイントを選択してoption      = 角を曲線にする 

command                                               = ハンドルやアンカーポイントを選択

space               = 手のひらツールで画像を動かす

他にもいくつものショートカットがありますが、最低限この4つを使うだけでも作業スピードが大きく変わるので、覚えてしまいましょう。

Photoshopで画像を拡大して作業をする


パスの使用中は、よほど単調な図形でなければ高倍率で拡大して作業をするようにしましょう。全体像が見えないくらい大きくしてください。

きれいにパスが描けたと思っても、拡大してみるとズレが目立つというのは、よくある話です。

ちなみに拡大縮小は「option+マウスのスクロール」がショートカットになります。

ペンツールで輪郭の少しだけ内側でパスを描く


美しいパスを描こうと思い、きっちり輪郭線の上でパスを描こうと思うと、はみ出してしまう可能性が増えますし時間が掛かってしまいます。

切り抜き予定の部分のほんの少しだけ内側にパスを描くようにすれば、作業も進みやすくなりますよ。

Photoshopで画像をパスで切り抜く方法をマスターしよう!

Photoshopでパスを使って画像を切り抜く方法とコツを紹介いたしました。ペンツールは特殊な動きをするため、初心者の方は難しいと感じ嫌煙してしまうものですが、何回か練習してみれば思っているより早く成長を感じられるものです。

パスが使いこなせるようになれば、Photoshopでできる表現の幅が広がりますので、ぜひチャレンジしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です