Premiere Proの動画をDVDに書き出すには?高画質で書き出す方法を紹介!

最近では動画をDVDに書き出す機会は減っていますが、学校イベントや結婚披露宴などの動画はDVDにして配る文化があり、DVDに書き出す必要に迫られることがあります。

本記事では、Adobe Premiere Proの動画をDVDに書き出す手順や、オススメ無料ソフト、高画質でDVDに書き出すためのコツを解説します。

Premiere ProだけではDVDに動画を書き出せない?

動画をDVDに書き出すためには、「オーサリング」という処理が必要です。残念ながら、Premiere Proにはオーサリング機能がないためDVDに書き出すことができません。

オーサリングとは?

オーサリングとは、動画をDVDに書き出す機能です。動画をそのままDVDに格納しても、DVDプレイヤーでは再生できません。オーサリングによって動画をDVDプレイヤーで再生可能なISO形式に変換し、DVDに書き出します。オーサリングには専用のソフトが必要です。

現在はAdobeのオーサリングアプリ「Encore」は使えない?

以前はPremiere Pro CS6にダウングレードすることで、Adobeのオーサリングアプリ「Encore CS6」を使用しDVDに動画書き出しができましたが、2019年5月からCS6へのダウングレードもできなくなっています。

<引用文>

Encore CS6 は数年前に終了し、ダウンロードできなくなりました。

サードパーティ(他社)製のDVD/Blu-Rayオーサリングユーティリティの使用をご検討いただくか、または Adobe Media Encoder のターゲットパブリッシング機能を使用してビデオコンテンツ(パスワードで保護されているコンテンツ(クライアントレビュー用など)を含む)をオンラインプラットフォーム(動画配信サービスサイト)に投稿します。

https://helpx.adobe.com/jp/premiere-pro/using/exporting-dvd-or-blu-ray.html

Premiere Proで作成した動画をDVDに書き出すには、Adobeのオーサリングアプリ「Encore」の代わりにサードパーティー(他社)製のオーサリングソフトを使用する必要があります。

おすすめ無料オーサリングソフト3選!

オーサリングソフトには様々なソフトがあり、無料、有料のものがあります。有料ソフトの方が機能面では優れていますが、今回は無料で使用できるおすすめのオーサリングソフトを3つご紹介します。

1.WinX DVD Author

対応OS:Windows 7/8/10 (32 & 64 bit)

ダウロードはこちら⇒https://www.winxdvd.com/dvd-author/index-ja.htm

字幕追加、凝った映像効果のタイトルメニュー/チャプターメニュー画面を簡単に作成でき、動画から画像抽出、動画編集も可能です。写真からスライドショーを作って、DVDに書き込むこともできます。

さらに、Youtubeなどの動画サイトから映像をダウンロードして編集することもできます。

2.Burtn

対応OS:Mac OS X 10.7またはそれ以降

ダウロードはこちら⇒https://burn-osx.sourceforge.io/Pages/English/home.html

以前は「iDVD」というDVD書き込みソフトがMac標準ソフトとして付いてましたが、現在はなくなっています。そのため現在では、定番のMac用DVD書き込みフリーソフトとしてBurnがよく使われています。Mac風のデザイン、操作性で、シンプルで使いやすいです。

DVDの名前を入力する際に注意が必要で、日本語で入力すると文字化けするため、英数字を入力する必要があります。

3.DVDStyler

対応OS:Windows XP/Vista/7/8/10 Mac OS X 10.7またはそれ以降

ダウロードはこちら⇒https://www.dvdstyler.org/ja/

WindowsでもMacでも使えるフリーのオーサリングソフトです。ボタン・テキスト・画像その他の視覚オブジェクトをメニュー上に任意に配置可能で、自由にメニュー画面を作ることができます。また、1枚ののDVD で複数形式の音声・映像ファイルを使用可能です。

Premiere Proの動画をDVDに書き出す手順

Premiere Proで作成した動画を保存し、オーサリングソフトでDVDに書き出す手順を解説します。今回の例では、WindowsでもMacでも使える「DVDStyler」を使用します。

①Premiere Proで動画を保存する

Premiere Proで動画を保存する際には、「ファイル>書き出し>メディア」を選択します。

書き出し設定のダイアログボックスが開きます。形式はプルダウンメニューで「H.264」を選択します。形式をH.264にすることで、MP4形式で動画が保存されます。

プリセットはデフォルトで「ソースの一致・高速ビットレート」になっていますので、そのままで大丈夫です。

出力名をクリックして保存場所とファイル名を指定し、「書き出し」ボタンをクリックして動画を保存します。

②オーサリングソフト起動し、動画を読み込む

オーサリングソフト「DVDStyler」を起動し、Premiere Proで保存した動画を読み込みます。

③メニュー画面を編集し、保存

オーサリングソフトでメニュー画面などを編集し、忘れず保存しておきましょう。編集内容を保存しておくことで、後で修正したり、複製したりすることができます。

④DVDに書き出し

最後にDVDに書き出します。DVDStylerでは「DVD書込み」ボタンをクリックします。

書込み設定のダイアログボックスが開くので、「DVDに書込み」にチェックして開始ボタンをクリックします。

これでPremiere Proで作成した動画をDVDに書き出すことができます。オーサリングソフトをインストールする必要はありますが、簡単な作業です。

Premiere Proの動画を高画質で書き出すコツ

Premiere Proでせっかくいい動画ができたのに、DVDに焼くと画質が悪く、ざらついてしまう、、というトラブルも起こりがちです。Premiere Proの動画を高画質で書き出すためのコツを紹介します。

高画質で書き出すコツ1|書き出しのプリセットを高画質に設定する

Premiere Proで動画保存する際、プリセットの設定を高画質に設定しましょう。動画を高画質に保った状態でDVDに書き出しできます。

初期設定は「ソースの一致・高速ビットレート」となっているので、「高品質1080p HD」に変更することでより高画質で書き出すことができます。4Kで書き出したい場合は「高品質2160p 4K」を選択しましょう。

ただし、高画質に設定した分、書き出しに時間がかかり、容量も大きくなります。

高画質で書き出すコツ2|長時間の動画は複数ディスクに分ける

60分を超えるような長時間の動画を高画質で書き出したい場合は、2枚以上のディスクに分けましょう。エンコード設定で1枚に格納することもできますが、画質が落ちてしまいます。

目安としては、片面1層のDVDの場合、高画質なら60分以内、標準画質なら120分以内くらいにしましょう。

高画質で書き出すコツ3|元データを使用して複製する

動画は出力したり変換したりするたびに画質は劣化していきます。そのため、作成したDVDを複製する際にはDVDからデータを取り込んでコピーするのではなく、動画の元データを使用してDVDに書き出すことが大切です。そのためにも、オーサリングソフトでDVDを書き出す前には必ずデータを保存しておきましょう。

Premiere Proの動画を高画質でDVDに書き出そう!

残念ながらPremiere ProだけではDVD書き出しはできませんが、オーサリングソフトを使うことで簡単にDVDに焼くことができます。

今回ご紹介した無料オーサリングソフトは、初めて扱う人でも簡単にDVDに書き出すことができます。プレミアプロで編集した動画をDVDに書き出す際に、ぜひ使用してみてください。