【2022】運動会はこれ一台!ビデオカメラの選び方とおすすめ機種を紹介

年に一度の運動会。子供の頑張る姿や成長ぶりを動画で残しておきたいと、お考えの方も多いはず。でもスマホだと撮影しづらいし、遠くで頑張る子供にズームするにも物足りない。そんな親御さんには、動画専用の「ビデオカメラ」がおすすめです。

今回はビデオカメラがなぜおすすめで、どういった機種を選べばよいのか、ご紹介します!

運動会で大活躍するビデオカメラの選び方は?

スマホや一眼レフで動画が撮影できる中、運動会に向けて何を基準にビデオカメラを選べばよいのでしょうか。ここでは人気ビデオカメラが持つ特徴と、確認すべき性能をご紹介します。

手ブレ補正が強力

ビデオカメラ一番の特徴は、他のカメラと比べて手ブレ補正が非常に強力ということです。ズームする程手ブレは目立つので、手ブレ補正の性能は必ず確認しましょう。

手ブレ補正には「光学」と「電子」の2種類があり、光学手ブレ補正の方が画質の劣化も少なくおすすめです。

ズーム性能を比較する

広い運動場を動き回る運動会で、子供の姿を大きく撮影するには、高いズーム性能が必要です。特に画質の劣化が少なく光学ズーム性能が高いビデオカメラなら、遠い場所からもくっきり子供の姿を収める事も出来て便利です。

多くのビデオカメラが20~40倍の光学ズームに対応しています。ちなみに一眼レフの世界で10倍のズームレンズは「便利ズームレンズ」と呼ばれ、最新iPhoneの光学ズーム性能は「2倍」です。

4K動画撮影ができる

せっかくならより高画質に子供の成長を残したい。そういった方には4K動画が撮影できる機種をおすすめします。

まだ上位機種に限定されますが、既に主流になりつつある4Kで撮影すれば、将来見返した時にも画質でがっかりすることもありません。

防水・防塵性能がある機種もある

運動場は砂埃が激しく、また急に雨が降り出す事も考えられますが、現在出ているビデオカメラの多くは防水・防塵機能を有していません。

そんな中でも一部機種では防塵性能に配慮した設計になっているものや、中には「洗える」と豪語する程タフな防水性能を持った機種もある為、運動会を意識する場合は注目すべき点です。

運動会におすすめのビデオカメラメーカーを紹介

実際にビデオカメラを購入する時、どのメーカーのものがおすすめなのでしょうか。ここではおすすめのビデオカメラメーカーを3社ご紹介します。

人気ランキングは常に上位のSony

日本を代表するカメラ・家電メーカーのSonyのビデオカメラは、少しお値段はするものの上位機種になると防塵性能に配慮した設計であったり、手ブレに合わせてレンズごと動く「空間光学手ブレ補正」搭載機種もあり、人気ランキングでは常に上位に立つメーカーです。

子供を持つ親御さんにも人気のPanasonic

Sonyと並びビデオカメラに注力しているカメラメーカーが、Panasonicです。

4K動画撮影対応の機種が比較的お求めやすい価格で手に入るのと、入門機から5軸ジャイロセンサーでの手ブレ補正を搭載しており、お手軽に動画撮影を始めてみたいという親御さんにも人気なメーカーです。

高い防水・防塵性能でタフなJVC

Sony・Panasonicとは一味違う方向のビデオカメラが揃っているのが、JVCです。

バッテリー1つで4時間以上の撮影に対応していたり、汚れたら洗える程の防塵・防水機能を有している機種もあり、運動会の様な野外での撮影にも向いています。

残念ながらJVCは2022年2月にビデオカメラ事業から撤退してしまいましたが、未だ人気ランキングにも食い込み、お店にはまだまだ人気機種として並んでいます。店頭からなくなる前にぜひ確認してみてください。

運動会での撮影におすすめのビデオカメラ9選!

実際に運動会で動画撮影するのにおすすめのビデオカメラを、9機種ご紹介します。特徴や性能がそれぞれ異なるため、自分にあった機種が見つかるはずです。

運動会におすすめビデオカメラ1:Sony HDR-CX470

HDR-CX470はSonyのビデオカメラ入門機として、YouTuber等にも人気のビデオカメラです。

非常に小型軽量30倍の光学ズーム光学手ブレ補正も搭載しており、どんな場所にも持ち出してお手軽に撮影できるまさに「ハンディカメラ」といった1台です!

運動会におすすめビデオカメラ2:Sony FDR-AX45

価格と性能のバランスが非常に良く、人気ランキングでも特に注目されているビデオカメラがFDR-AX45です。

4K動画も撮影でき、Sony独自の空間光学手ブレ補正も搭載。防塵性能にも配慮した設計となっているので、運動会での撮影にもおすすめです。

運動会におすすめビデオカメラ3:Sony FDR-AX60

FDR-AX45の上位機種で、より本格的な動画撮影を行いたい方にはFDR-AX60がおすすめです。

4K動画撮影空間光学手ブレ補正はもちろん、ファインダー搭載で撮影もしやすく、ピントやズームの調整が一眼レフのように行えるマニュアルレンズリングも搭載しています。

運動会におすすめビデオカメラ4:Panasonic HC-W590MS

Panasonicの入門機FDR-AX45は、入門機でありながら5軸ジャイロセンサーによる手ブレ補正が搭載されており、90倍のズーム性能と合わせてどんな場所からも遠く離れた子供を撮影できる便利なビデオカメラです。

ワイプ撮り」という、内側にもう1個搭載されたレンズで撮影者自身も同時に記録する事ができるので、頑張っている子供と応援している親の両方を1つの画面に残すこともできます。

運動会におすすめビデオカメラ5:Panasonic HC-VX992MS


HC-VX992MSには「4K AIR」という名称が付けられており、4K動画撮影対応のカメラの中では群を抜いて軽い機種でもあります。

もちろん5軸ジャイロセンサーでの手ブレ補正も搭載し、光学ズームも20倍まで対応。重たいカメラを持ち歩きたくないけれど、4K動画で残したいという方におすすめです。

運動会におすすめビデオカメラ6:Panasonic HC-VZX2M


HC-VZX2Mは別名「4K Premium」と呼ばれ、Panasonicの最強ビデオカメラです。

4K AIRより広角-望遠共に強化され、ミラーレス一眼で協業している世界的カメラメーカー・Leicaと共同開発したレンズを採用していることもあり、より高画質な動画を撮影したい方におすすめです。

運動会におすすめビデオカメラ7:JVC GZ-F270


JVCのGZ-F270は耐衝撃・耐低温性能が高く、バッテリー1つで最長4時間以上動画撮影が可能なので、野外で長時間撮影が必要な運動会にはもちろん、旅行やアウトドア等にもおすすめです。

光学ズームも40倍まで対応で、入門機としては破格の性能を持ったビデオカメラです。

運動会におすすめビデオカメラ8:JVC GZ-RX690

GZ-F270の一番の売りは「洗えるビデオカメラ」という点です。ビデオカメラにしては珍しく防水・防塵性能が充実していて、気軽に野外撮影が行えます。

もちろん40倍の光学ズームや4時間以上の長時間撮影といった、入門機が持つ機能もしっかり搭載しています。

運動会におすすめビデオカメラ9:JVC GZ-RY980


GZ-RX690から更に4K動画まで撮影可能になったのが、GZ-RY980というJVC最強のビデオカメラです。

その分光学ズームが10倍と控えめですが、防水・防塵性能もあり、どんな状況でも最高の画質で長時間撮影する事が出来る、正に運動会のような野外撮影に適したビデオカメラです!

【番外編】手軽にプロに依頼する「むびる」

こちらの記事を見てくださっている皆さんは、お子様の運動会の映像を「なんとか綺麗に残したい!」という方が多いのではないでしょうか?

もしそうであれば、プロにお願いしてしまう、という選択肢も実は超おすすめです。

「むびる」はコンシェルジュに相談してあなたの要望に合わせたプロを紹介してくれるサービスです。対応範囲は撮影から編集等まであらゆる領域をカバーしています。

値段もコンシェルジュさんとの相談で柔軟に対応してもらえますので、お子さんの運動会まで、まだ少し時間がある方は、是非一度コンシェルジュに相談してみることをお勧めします!

運動会で子供が輝く瞬間をビデオカメラにおさめましょう!

運動会で活躍する姿を記録するのに、手ブレ補正ズーム性能に優れたビデオカメラは特におすすめです。

1台持っていれば他の発表会や卒業式まで記録し続ける事も可能なので、今しか撮影できない子供の姿を、おすすめのビデオカメラでたくさん残していってください。