【どこよりも詳しい】ショルダーカメラバッグのおすすめ15選!

カメラやレンズ、三脚を持ち運ぶのにカメラバッグは欠かせません。リュックタイプのカメラバッグが大容量で人気ですが、リュクタイプはいちいちカバンを下さなければカメラを取り出すことができません。

一方で、ショルダー式のカメラバッグであれば、いちいち肩からカバンを下さなくてもカメラを取り出すことができます。そのため、カメラバッグを購入するならショルダー式の方がいいという人は結構いますね。

そこで本記事では、カメラバッグの選び方と、ショルダー式のおすすめカメラバッグを15個厳選して紹介しようと思います。

目次

ショルダーカメラバッグの選び方は?

まずはカメラバッグの選び方から紹介します。カメラバッグを選ぶときに確認するべきポイントは全部で4つあるので、一つ一つ解説していきます。

【ショルダー】カメラバッグの選び方①容量

カメラバッグを選ぶ時は、容量は必ず確認するようにしましょう。容量によって、レンズやカメラが何個収納できるかが決まってきます。

たくさんカメラやレンズを持ち運びたいと考えてる人なら大容量のカメラバッグを選ぶべきですし、少量しか持ち運場ないのであれば小さくて小洒落たカメラバッグでも構いません。

自分の求めてる撮影スタイルに合わせて容量を考えるようにしましょう。

【ショルダー】カメラバッグの選び方②耐衝撃・防水・防塵

カメラバッグを選ぶ時は、耐衝撃・防水・防塵機能があるだけで安心感が違います。

衝撃・水分・砂塵の3つはカメラやレンズにとって大の天敵です。そのため、絶対に守らなければなりません。少量の水や砂が入り込んだだけでカメラやレンズは故障してしまいます。

防水機能があると雨の日でも安心ですし、耐衝撃機能があるとついつい落としてしまった時にも守ってくれます。そのため、カメラバッグを選ぶ時は、なるべく耐衝撃・防水・防塵機能があるものを選ぶようにしましょう。

【ショルダー】カメラバッグの選び方③機能性

カメラバッグを選ぶ時は機能性も重視したいところです。機能性と一口にいっても、どんな機能があるのかはカメラバッグによって違います。

例えばカバンの中の仕切りを動かせるタイプだったり、入口が大きく開くタイプだったりが代表的です。また、中身を取り出せることで普通のカバンとしても使用できるタイプもあります。

購入の際は、自分の欲しい機能があるかどうかも確認するとより使い勝手が良くなります。

【ショルダー】カメラバッグの選び方④デザイン性

カメラバッグはなんといってもバッグです。そのため、オシャレが好きな人はデザインにもこだわりたいところです。

今は、いかにもカメラバッグといった黒くてゴツゴツしたデザインだけではなく、カラフルでオシャレなカメラバッグがたくさん出ています。

機能性重視で選ぶのも大事ですが、人目に付くものなので見た目で選んでいただいても全く問題ありません!

ショルダーカメラバッグのおすすめメーカーは?

カメラバッグには様々なメーカーがあります。そのため、初めてカメラバッグを手に取る人は、どのメーカーのカメラバッグなら安心して購入できるのかな?などと色々心配になると思います。そこで、カメラバッグのおすすめメーカーを4つ厳選して紹介します。

カメラバッグのおすすめメーカー①|Lowepro(ロープロ)

ロープロは、創設者自身が実際に旅をした経験を活かして、機能性を重視したカメラバッグやパソコンバッグなどの製品を多く展開しています。

背負い心地や機能性、丈夫さを追求したカメラバッグが多く展開しているため、長く使えるカメラバッグが使いたい人はおすすめなメーカーです。

カメラバッグのおすすめメーカー②|ハクバ(HAKUBA)

ハクバは、写真、映像、音響、OA、通信関連用品の販売を行っているメーカーです。カメラバッグ以外にも三脚や写真立てなども販売しており、デザイン性と機能性を兼ね揃えた商品が多くラインナップされています。

カメラバッグは機能性に優れた物だけでなくオシャレな物もあります。そのため、男性だけでなく女性からも人気を集めています。

カメラバッグのおすすめメーカー③|エンデュランス(Endurance)

エンデュランスは、ビーハーフ株式会社のオリジナルブランドです。ビーハーフ株式会

は、商品開発事業やWeb制作事業、物販事業と多岐にわたって展開しています。

カメラバッグはデザイン性に優れているので、普段使いしていただいても問題ありません。実際に公式ホームページにも、

「撮影のためだけのカメラバッグではなく、普段使いに向いた 高性能のファッションカメラバッグ」をご提供しています。

ビーハーフ株式会社公式ホームページ

と記載されています。ラインナップは、三脚も同時に搭載できるリュックタイプのカメラバッグが主流にはなりますが、その他のタイプもオシャレなカメラバッグがたくさんあります。

カメラバッグのおすすめメーカー④|マンフロット(Manfrotto)

マンフロットはイタリアの北部に本社を置く会社で、写真や映画、演劇、ライブエンターテインメントなどに使う製品をデザイン、製造、 販売を手がけています。

カメラバッグは機能性に優れており、収納スペースが取り外せたりポケットが沢山ついてたりと機能的です。色は全体的に黒っぽいものがメインで、デザイン性と言うよりかはむしろ機能性を追求しているメーカーといえるでしょう。

ショルダーカメラバッグのおすすめ紹介

ショルダータイプのカメラバッグのおすすめを15個紹介します。

HAKUBA AMZSPRS02SBMBK 

カメラ1台と交換レンズ1個にタブレットが入るくらいの大きさです。

PVCコーティング生地を採用してるので、水に強いだけじゃなく表面の汚れも簡単に拭き取ることができます。メインの開口部は大きく開くため、物の出し入れがスムーズに行えます。

さらに天井にも開口部があるため、ここからカメラを取り出すこともできて便利です。メインの開口部にはロックが二つあるので、いちいちロックとファスナーを開けてカメラを取り出すのが面倒な人でも、ストレスなくカメラを取り出すことができます。
 

【おしゃれ!】HAKUBA ハクバ カメラバッグ Chululu(チュルル) 

標準レンズ付き小型一眼レフカメラかミラーレスカメラ一台交換レンズ一本収納ができます。収納はインナータイプなので、取り外せば普通の鞄としても使用することができます。ポケットも多いので、機能性は問題ありません。

このカメラバッグは、廃棄衣料などから再利用された素材「レニュー」を使用しており、ブラック・ネイビー・オリーブ・マスタードの四色カラー展開されています。おしゃれな見た目が特徴的です。
 

HAKUBA カメラバッグ 

水や汚れに強く、しなやかで軽量ポリカーボネートコーティング素材を採用しています。

カメラバッグは、使っていない時に置き場所に困ったり結構邪魔になりがちです。このカメラバッグは使っていない時は折り畳めるので、収納がコンパクトに行えます。トラベル用のセカンドバッグとしても使えるため、機能性は十分です。
 

Endurance シューティングマルチカメラバッグ KNP10

撮影中に何かと不便なレンズ交換をスムーズに行えるように設計されたカメラバッグです。

拡張スペースが設けられているので、バッグ自体は小型ですが望遠レンズを収納できます。

さらに、拡張スペースの開口部はカメラバッグ下部にメインスペースの開口部とは別でついてるので、レンズの交換もスムーズに行えて便利です。
 

Manfrotto ショルダーバッグ NEXTコレクション

ミラーレスカメラとレンズ1~2本収納可能とかなり小型な設計です。余計な機能を削ぎ落としてシンプルでスタイリッシュなデザインが逆におしゃれです。

重さが200g程度しかないので、長時間肩にかけていても疲れにくいのはいいですね!
 

OUTDOOR PRODUCTS (アウトドアプロダクツ) カメラバッグ ODCSB03BK

容量は2.5Lでミラーレス一眼や小型一眼レフにぴったりなコンパクトサイズのカメラバッグです。色がネイビー、ブラック、レッドの3種類ありデザイン性も十分です。

ベルトのつけはずしができるため、ショルダーバッグとしてもインナーバッグとしても使用することができます。
 

created by Rinker
OUTDOOR PRODUCTS(アウトドアプロダクツ)
¥3,000 (2022/05/18 04:55:10時点 Amazon調べ-詳細)

エツミ&Coleman コールマンカメラショルダーバッグ

容量は2Lでミラーレス一眼レフとダブルズームの収納にぴったりなカメラバッグです。

伝統的なアウトドアブランドのコールマンのショルダーバッグをベースにしているので、丈夫さに関してはかなり信頼できます。中のクッションボックスの取り外しができるため、そのままショルダーバッグとして使用することもできて機能性も優れています。
 

K&F Concept ショルダーバッグ

大容量でポケットも多いため、一眼レフカメラ本体とレンズ2枚に加えてiPadや手帳、充電器といったアイテムも収納することができて便利です。

防水機能があるので、雨の日でも安心して持ち運ぶことができますし、レザーベルトのおかげで見た目もおしゃれなカメラバッグです。
 

【おしゃれ!】 OUTDOOR PRODUCTS(アウトドアプロダクツ) カメラバッグ 2ODCSB05BK

一眼レフカメラと交換レンズ1個を収納できる大きさで、前面オープンポケットやファスナーポケットのほか様々なポケットがついており機能性は十分です。

カジュアルなデザインのおかげでカメラバッグ感がないのが特徴的で、その見た目から若者を中心に男女ともに人気なカメラバッグとなっています。バッグの底にはフットスタンドがついてるので、地面の汚れがカバンに付着しないのもありがたい機能です。
 

FOSOTO 一眼レフカメラバッグ

仕切り版が一つのコンパクトなカメラバッグです。一眼レフ1台とレンズ1個で限界の積載量ではありますが、その分ナイロン製の見た目がとてもおしゃれです。

カバン自体も防水なのですが、付属でレインカバーがついてるから雨でも安心して使用できます。
 

Amazonベーシック カメラバッグ 一眼レフ用

大容量で、一眼レフ1台と交換レンズ3台を収納できるカメラバッグです。ポケットや収納スペースがたくさんあるので、照明とか充電コードとかiPadとかも一緒に入れることができまます。

また、ストラップがついていて、三脚をつけて持ち運ぶことができます。本格的なセットを持ち運んで撮影がしたい人には、このカメラバッグがおすすめです。
 

TARION カメラバッグ

6.5Lとかなり大容量な設計です。上段と下段の二層構造になっていて、一眼レフ2台と交換レンズ2個を収納することができます。カメラバッグは防水加工のナイロン製で、ハードシェルデザインによって衝撃にも強くなっています。

また、バッグの横にあるポケットに三脚を収納できて便利です。背中に当たる部分はメッシュ記事になっているため、夏でも蒸れにくいのは良いですね。
 

[ココチエ] カメラバッグ

カメラ一台と望遠レンズ1個を収納することができます。インナーボックスはしっかりとした作りで、正面に保護カバーがついているため衝撃や雨にも強い作りになっています。

三角形のデザインをしており、それぞれの辺に開口部があります。そのため、カメラやレンズが取り出しやすくなっています。バッグの下にはストラップがあるため、三脚を固定して持ち運ぶこともできます。レッド・グレー・ブラックの三色展開していて、見た目もオシャレです!
 

ETSUMI カメラバッグ

2.7L小柄なカメラバッグです。ミラーレス小型一眼レフとダブルズームレンズをセットで収納することができるほどの大きさですね。

インナーボックスやハードシェルなどが無いため外部の衝撃には若干弱めとなっています。防水機能に関しても情報が記載されていなかったので、防水機能はない可能性が高いです。

ポケットが多いため小型な割にたくさん収納することができます。また、バッグの中がオレンジ色なので、中のものが見やすくて便利です。
 

Giyomi 英国風 一眼レフ カメラバッグ/ショルダーバッグ 

メインのインナーボックスには一眼レフ1台と交換レンズを2個収納することができます。前面には二つの大きなポケットがあり、交換バッテリーや携帯、手帳などを入れることができるようになっています。

耐衝撃に関しても問題ありません。本革としっかりした設計のインナーボックスによりある程度の衝撃には耐えることができます。防水加工が施されており雨の日でも安心です!

デザインは、本革でシックにまとめられています。持っているだけでお洒落に見えるカメラバッグです。ビンテージカメラとの相性も良いため、格好良く決めたい人におすすめです。
 

ショルダー式のカメラバッグでカメラと旅をしましょう!

ショルダー式のカメラバッグは、肩から下ろすことなくカメラが取り出せたりレンズの交換ができたりするのでとても便利です。そのため、リュックタイプと並んで人気なカメラバッグのタイプとなっています。

ショルダー式のカメラバッグを選ぶ時はぜひ、自分がどれだけの量の機材を持ち運ぼうとしてるのかを考えて選ぶようにしてください。小さいカメラバッグを選んでしまったがために持ち運びたかった機材を全部持ち運べないという失敗はよくあります。

自分が求めるスタイルに合ったお気に入りのカメラバッグを見つけて、素敵な旅に出ましょう!