Illustratorで画像や写真に枠線をつける方法は?【誰でも簡単3ステップ】

Illustrator(イラストレーター)には画像や写真に枠線をつける機能がたくさんあり、形に合わせた枠線をつけることもできます。

今回は、配置した写真にそのまま枠線をつける方法と、切り抜いた画像に合わせて枠線をつける方法についてご紹介します。

Illustratorで配置した画像や写真に枠線をつける方法

まずは、Illustratorで画像や写真に枠線を付ける方法として、図形やマスクを利用した簡単なものを3つご紹介します。

Illustratorで画像や写真に枠線をつける方法①|マスクをかける

1つ目の方法として、画像や写真にマスクをかけて枠線をつける方法をご紹介します。

Illustratorで画像を読み込んだら、画面右または上部から「マスク」を選択します。

マスクをかけたら、アピアランスの「線」の項目から線幅や色を変えることで、画像に沿って枠線をつけることができます。

また、クリッピングマスクを利用してから同じ手法で進めることで、下の画像の楕円ように長方形以外にも自由に図形に沿った枠線をつけることができます。

Illustratorで画像や写真に枠線をつける方法②|新規線を追加

次に、2つ目の方法として、Illustratorのアピアランスと形状オプション機能を使って画像や写真に枠をつける方法をご紹介します。

まず、「アピアランス」の右下にある三点リーダーをクリックしてアピアランスパネルを開きます。

アピアランスパネルを開いたら、パネルの左下にある「新規線を追加」をクリックしてから線幅を設定します。

Illustratorのバージョンや画面設定によっては、三点リーダーをクリックする必要はなく、「新規線を追加」を押すだけで良い場合もあります。

続いて、画像を「長方形に変換する」効果を設定して枠線をつけていきます。

画像を選択した状態で、画面上部のメニューバーから、「効果」「形状に変換」「長方形」をクリックすることで枠線を付けることができます。

Illustratorで画像や写真に枠線をつける方法③|内側描画モード

最後に、Illustratorの内側描画モードを使って画像や写真に枠線をつける方法をご紹介します。

まず、図形ツールを選択して、長方形をつくります。

作成した長方形を選択したら、ツールバーから下の画像の赤枠で囲んだ円のアイコンをクリックし、「内側描画」を選択します。

次に、メニューバーから「ファイル」「配置」と押して、枠線をつけたい画像を選びます。

作成した長方形に被るようにドラッグすると、画像に枠線がつくようになります。

【応用】Illustratorでパスで切り抜いた画像に枠線を付ける場合

続いて、Photoshopで切り抜いた画像に沿って、Illustratorを使って枠線をつける方法をご紹介します。

パスで切り抜いた画像に枠線を付ける①|境界線に沿って切り抜く

まずは、Photoshopパスツールを使って、画像や写真を切り抜きたい部分の境界線に沿ってパスを作成し、切り抜き処理をします。

次に、画面右下のパスパネルを開き、「クリッピングパス」「OK」と押してパスを保存します。

作成した切り抜き画像は、「レイヤー」「画像を統合」とクリックしてから、epsファイルとして保存します。

パスで切り抜いた画像に枠線を付ける②|枠線をつける準備

Photoshopでの作業を終えたら、保存したepsファイルIllustratorで読み込みます。

読み込んだ画像はコピー&ペーストして、コピー元の画像とぴったり重なるよう配置しておきます。

次に、コピーした画像をクリックして、「ウィンドウ」→「リンク」を選択してリンクパネルを開きます。

リンクパネルを開いたら、右上のメニューから「画像を埋め込み」を選択します。

埋め込みをしたら、Illustratorのメニューバーから「オブジェクト」「グループ解除」をクリックすると、埋め込んだ画像がパスと分離され、切り抜いた画像の境界線に枠線をつけられるようになります。

しかし、この状態では画像の内側にも線ができてしまうため、境界線がつぶれてしまいます。

そこで、境界線の外側だけを縁取りできるように操作していきます。

パスで切り抜いた画像に枠線を付ける③|境界線に沿って画像を縁取りする

画像の外側に枠線をつけるために、埋め込んだ画像のパスだけを残すようにしていきます。

画面右上の「レイヤー」をクリックして、埋め込んだ画像のグループを開いたら、下の画像の赤い四角で囲まれた部分をクリックします。

こちらをクリックしてからDeleteキーを押すことで、パスだけが残るようになります。

残ったパスを選択した状態で「オブジェクト」「重ね順」「最背面へ」と選択し、アピアランスから線幅をつけると、画像を境界線に沿って縁取りできるようになります。

Illustratorで画像や写真に枠線をつける際の注意点

Illustratorで画像や写真に枠線をつける際に、機能の仕様やIllustratorのバージョンなどによって、枠線がうまく機能してくれないことがあります。

今回ご紹介した方法に関して、うまくいかない原因として考えられる点をご紹介します。

画像や写真に枠線をつける際の注意点①|境界線がずれてしまう場合

マスクをつけて枠線をつける場合、IllustratorのバージョンがCS6以前だと枠線の太さを変えたときに画像と枠線の境界線がずれてしまうことがあります。

そうなった際には、枠の大きさを画像に合わせて変えるようにするか、今回他にご紹介した方法を使って枠線をつけるようにしましょう。

画像や写真に枠線をつける際の注意点②|枠線が外れてしまう場合

Illustratorの新規線を追加する方法で枠線を付けた場合、画像や写真を回転させると下の画像のように枠線が外れてしまいます。

これを解決したい場合には、画像が回転していない状態で、上部のメニューバーから「オブジェクト」→「アピアランスを分割」とすることで、画像を回転させても枠線が外れないようになります。

画像や写真に枠線をつける際の注意点③|バージョンにより使えない場合

今回紹介した内側描画モードを使って画像に枠線をつける方法は、以下のようにイラレのバージョンによっては使用できません。

内側描画モード:Illustrator CS5 以降

画像をドラッグしての配置:Illustrator CC 以降

ご紹介した機能が見当たらない場合は、イラストレーターのバージョンを確認し、機能が搭載されていない場合は他の方法を用いて画像に枠線をつけるようにしましょう。

画像や写真に枠線をつける際の注意点④|選択ツールの画像を縁取りする場合

自動選択ツールなどを使って切り抜いた画像では、パスが保存されていないため切り抜き画像の境界線に沿った枠線をつけることができません。

その場合は、Photoshopで切り抜きを行ったのち右下のチャンネルを開き、マスクを選択して「チャンネルを選択範囲として読み込む」をクリックします。

次に、チャンネルの横にあるパスを開き、「作業用パスを作成」をクリックすると大まかなパスが作成されます。

これをIllustratorにコピー&ペーストすることで、同じように枠線をつけることができます。

Illustratorで画像や写真に枠線をつけてみよう!

今回はIllustratorを使って、画像や写真に枠線をつける方法をご紹介しました。

Illustratorでは、枠線をつけるために使える便利な機能がたくさん搭載されており、目的に合わせて使い分けることができます。

また、これらの機能を重ねて用いることで、枠線を2色にするなど簡単な応用にも使えます。

画像を縁取りする方法は枠線の自由度が高いですが、そのぶん少し複雑な処理も必要になるので、確実にできるよう1つ1つ確認しながら作業を進めるようにしましょう。

いろいろな画像や背景と組み合わせる際には、枠線を効果的に使うだけでも見栄えの良いデザインに仕上げることができます。

ぜひIllustratorの機能を利用して、枠線を使いこなせるようにしましょう!