Illustratorで画像を切り抜く(トリミングする)3つの方法とコツを公開!

Illustratorで画像を切り抜く方法について解説します。

方法は大きく3つあり、なかでも主に使用するのは「クリッピングマスク」を使用する方法と「ペンツール」を使用する方法の2つとなります。

それぞれに特徴(メリットとデメリット)があるので、状況に応じて最適な方法を選んで画像の切り抜きを行えるようにしましょう。

Illustratorで画像を切り抜く方法【クリッピングマスク】

まず、Illustratorの「クリッピングマスク」で画像を切り抜く方法について見ていきましょう。

Illustratorの【クリッピングマスク】で画像を切り抜くメリットとデメリット

クリッピングマスクのメリットは、四角形や円といった様々な図形で手軽に切り抜くことができるという点です。

写真の一部を四角形・円・三角形・星型などで切り抜きたい場合は、クリッピングマスクの方法で行うと数秒で簡単に切り抜くことができます。

例えば、Webサービス用などで使用するアイコン画像を作りたい場合、画像の上に円の図形を重ねてクリッピングマスクを行うと、丸いアイコン風に仕上がります。

クリッピングマスクのデメリットは、あくまで四角形や円といった「図形の形でしか切り抜きできない」といった点になります。

例えば、背景は一切含まずに被写体だけを切り抜きたいといった場合、クリッピングマスクを使う方法は適さないということです。

クリッピングマスクで画像を切り抜く手順①|画像の取り込み

まず、切り抜きたい画像を用意しましょう。

Illustratorの画面上へ画像をドラッグ&ドロップすることで取り込むことができます。

取り込んだ後は、画像のサイズとアートボードのサイズが一致していないので、Illustrator画面上のメニューバーより「オブジェクト」→「アートボード」→「オブジェクト全体に合わせる」と進み、アートボードを画像のサイズに合わせましょう。

取り込んだ画像がIllustratorの画面に収まっていない場合は、Altキー(Macの場合はoptionキー)を押しながらマウスをスクロールすることで縮小することができます。

クリッピングマスクで画像を切り抜く手順②|図形の配置

次に、切り抜きたい形の図形を配置しましょう。今回はシンプルな四角形で切り抜いていきます。

Illustrator画面左のツールバーより「長方形ツール」を選択して、お好みの大きさの四角形を設置します。

四角形を配置した箇所が切り抜きされるので、切り抜きしたい箇所へ四角形を動かして調整しましょう。

point
図形を配置する際のTipsとして、切り抜き用の図形色を少し透明にすると、元画像を確認できるようになるので位置の調整がしやすくなります。

図形を選択した状態で、Illustrator画面右のオプションパネルより「Opacity(不透明度)」の値を50%程度まで下げましょう。

ここで不透明度を下げても、切り抜き後の画像の不透明度には影響がないので安心して下さい。

クリッピングマスクで画像を切り抜く手順③|クリッピングマスクを適用

図形を適切な位置へ配置したら、Illustrator画面左のツールバーから「選択ツール」を選択した状態でShiftキーを押しながら図形と画像をクリックし、2つのオブジェクトを選択しましょう。

2つのオブジェクトを選択した状態で、Illustrator画面上のメニューバーより「オブジェクト」→「クリッピングマスク」→「作成」と進むと切り抜きの完了です。

ここから更に「選択ツール」を使って切り抜いた画像選択した後、Illustratorメニューバー「オブジェクト」→「アートボード」→「選択オブジェクトに合わせる」と進むことで、余分な余白を削除することができます。

丸い図形で切り抜いた場合、このままPNG保存すると背景の白が透明になるので、純粋な丸い画像として保存することができます。

llustratorで画像を切り抜く方法【ペンツール】

次に、Illustratorの「ペンツール」で画像を切り抜く方法について見ていきましょう。

Illustratorの【ペンツール】で画像を切り抜くメリットとデメリット

Illustratorのペンツールで画像を切り抜く方法のメリットは、「複雑な形の被写体を切り抜ける」ことです。

ペンツールで被写体を手動で範囲選択し、その範囲で画像を切り抜きます。厳密に言うと、こちらの方法も切り抜く際には「クリッピングマスク」機能を使って切り抜きし、範囲選択の方法にペンツールを用いるという認識となります。

逆にペンツールで画像を切り抜くデメリットとして、切り抜く部分を手動で囲む工程に手間がかかることが挙げられます。

ペンツールの操作感覚は少し特徴的なので、ペンツールの操作に慣れていない場合、切り抜きたい箇所を範囲選択する手間が大きく感じられると思います。

もしPhotoshopを使用できる環境の場合は、Photoshopを使用すると被写体だけを手軽に切り抜きできるので、そちらの方法をおすすめします。

Photoshopで選択範囲を作成して画像の切り抜きをする方法!【初心者向け】

ペンツールで画像を切り抜く手順①|画像を取り込む

まず、Illsutratorに切り抜きしたい画像を取り込むために、画像をIllustrator画面上へドラッグ&ドロップしましょう。

次に、アートボードのサイズを画像サイズへ合わせます。

Illsutrator画面上のメニューバーより「オブジェクト」→「アートボード」→「オブジェクト全体に合わせる」と進むと、アートボードのサイズを画像に合わせることができます。

画像サイズが収まっていない場合は、Altキー(Macの場合はoptionキー)を押しながら、マウスをスクロールすることで画面内へ収めましょう。

ペンツールで画像を切り抜く手順②|切り抜く部分を範囲選択

次に、ペンツールを使用して切り抜きしたい部分を選択していきましょう。

Illsutrator画面左のツールバーより「ペンツール」を選択します。表示されていない場合は、右クリックで展開メニューが表示されるので、その中から「ペンツール」を選択して下さい。

ペンツールを選択したら、切り抜きしたい部分を範囲選択していきます。

point
囲んでいく際はクリックでカクカクした線を、クリックではなく少しドラッグすることで滑らかな曲線を描くことができます。

細かな部分は拡大したり、間違った場合はひとつ前の操作へ戻るショートカットキーなどを活用して進めていきましょう。

  • 拡大/縮小(Windows) … Altキーを押しながらマウススクロール
  • 拡大/縮小(MacOS) … optionキーを押しながらマウススクロール
  • ひとつ前の操作へ戻る(Windows) … Ctrl + Z
  • ひとつ前の操作へ戻る(MacOS) … Command + Z

また、マウスホイールを押し込んだ状態でドラッグすることでアートボードを移動させることができ、拡大しながら作業する際に便利です。

範囲選択を終える際は、必ず始点(最初にクリックしたポイント)のアンカーポイントをクリックして、選択範囲を閉じるようにして下さい。

ペンツールで画像を切り抜く手順③|クリッピングマスクを適用

ペンツールによる範囲選択が完了したら、Illustrator画面左のツールバーから「選択ツール」を選択し、Shiftキーを押しながら選択した範囲と画像をクリックして、同時選択します。

画像全体と選択範囲を同時選択した状態で、Illustrator画面上のメニューバーより「オブジェクト」→「クリッピングマスク」→「作成」と進みます。

これで画像の切り抜きが完了です。

クリッピングマスクで切り抜く方法での説明と同様に、ここから更に「選択ツール」を使って切り抜いた画像選択した後、Illustratorメニューバー「オブジェクト」→「アートボード」→「選択オブジェクトに合わせる」と進むことで、余分な余白を削除することが可能です。

Illustratorで画像を切り抜く方法【自動的な切り抜き】

最後に、Illustratorで画像を自動的に切り抜く方法について紹介します。

Illustrator【自動切り抜き】の使用機会は少ない

Illustratorの自動切り抜きは、”自動切り抜き” と聞いて連想するような機能とは違い、「切り抜きたいであろう部分をAIが判断し、四角形に切り抜く」機能となります。

caution
“切り抜きたい被写体だけを残し、背景を削除してくれる機能” ではないという点に注意が必要です。

つまり、今回紹介したクリッピングマスクで切り抜く方法を扱える場合は、この「自動切り抜き」機能を使うメリットはほとんどありません。

自動切り抜きで画像を切り抜く手順①|画像を取り込む

Illustratorに切り抜きたい画像を取り込みましょう。

Illustrator画面上へ画像をドラッグ&ドロップすることで画像を取り込むことができます。

取り込んだ後は、Illustrator画面上のメニューバーより「オブジェクト」→「アートボード」→「オブジェクト全体に合わせる」と進み、アートボードのサイズを画像のサイズに合わせておきましょう。

自動切り抜きで画像を切り抜く手順②|「画像の切り抜き」を選択して調整

画像を取り込んだら、「選択ツール」を使って画像を選択した状態で、Illustrator画面上のメニューバーから「オブジェクト」→「画像の切り抜き」と進みましょう。

「リンクファイルの切り抜きでは元のファイルのコピーが埋め込まれます」といった注意文が表示された場合は「OK」を選択して下さい。

切り抜く部分をAIが自動的に判断して範囲選択が行われますが、この選択されている範囲はドラッグすることで任意に変更が可能です。

自動切り抜きで画像を切り抜く手順③|トリミングの実行

切り抜きたい範囲を選択したらEnterキーで実行、またはIllustrator画面上の「適用」から切り抜きを実行します。

これで切り抜きの完了です。

このように、クリッピングマスクで切り抜きした結果と同じ結果となるので、あえて四角形でしか切り抜けないこの方法を選ぶ必要性は低いのが現状です。

Illustratorで画像を切り抜くときに注意すべきことは?

Illustratorで画像を切り抜く際の注意ポイントを紹介します。

トリミングする写真のレイヤー構造に注意

画像を切り抜く際はレイヤー(要素の階層)構造が重要です。

具体的には、「切り抜く型が上」「切り抜かれる画像が下」にくるようにレイヤー構造を整える必要があります。

このレイヤー階層が逆の並びになっていると、うまく切り抜きできないので注意が必要です。

フライヤー制作やデザイン制作など、多くの要素を使用して作業している場合は、各レイヤーの並びが煩雑になりがちなので特に注意が必要です。

ペンツールで範囲選択する際は必ず「クローズパス」化する

ペンツールを使用して範囲選択する際によくある失敗例として、「選択した範囲がうまく閉じられていない」といったことがあります。

ペンツールでは点と点と繋げて図形を作っていくイメージですが、「最後の点」と「最初の点」が繋がらないと図形として認識されないため、クリッピングマスクを使用して切り抜くことができません。

ペンツールで範囲選択する際は、必ず最後に始点をクリックする形で終わるようにしましょう。

Illustratorで画像の切り抜き方法を使い分けよう!

今回はイラストレーター(イラレ)において、画像を切り抜く方法を紹介しました。

クリッピングマスクでは図形を利用して画像や写真を切り抜くので、Illustratorの機能である「パスファインダー」を利用して様々な図形を作ることで、更に複雑な形で画像を切り抜くこともできます。

また、図形だけでなくテキストでも切り抜くことができるので、色々と試して遊んでみて下さい。