YouTubeはビデオカメラで始められる?動画撮影カメラの選び方とおすすめも紹介!

YouTubeを始める際にまず必要となるのがカメラ。最近はスマホの録画機能も高画質ですが、これからYouTubeを始めるならカメラを持っておくことをおすすめします。カメラは動画撮影に特化した性能なので、視聴者を惹き付ける動画作りには欠かせません。

今回は、その中でも「ビデオカメラ」について解説します。おすすめ商品も紹介するので、これからYouTubeを始めようと考えている方はぜひ参考にしてください。

YouTube動画撮影用のカメラ選びで注意すべきことは?

まずは、動画撮影用のビデオカメラの選び方を解説します。

画質にこだわるなら4Kがおすすめ

最も重要なのが画質です。画質は4KとフルHDが主流ですが、今からYouTubeを始めるなら4Kの画質のカメラをおすすめします。

理由は、4Kの方が圧倒的に美しい動画を撮影できるからです。また、高い画質は視聴者を惹き付ける重要なポイントでもあります。注意点は、PCのスペックを考えておくこと。

4Kは高画質な反面、データ容量が大きくなります。そのため、スペックの低いPCだと保存・編集に困ります。もしPCのスペックが低い場合は、カメラと一緒にPCも購入しましょう。

ズーム機能は光学式がおすすめ

ビデオカメラとスマホの大きな違いがズーム倍率です。

スマホでズームすると画質が劣化しがちですが、ビデオカメラはズームしても画質が劣化しにくいのが特徴です。特に「光学式」のビデオカメラは、ズームしたときの映像の美しさに定評があります。

価格は少し高くなりますが、ズーム機能をよく使う方は光学式がおすすめです。

手ブレ補正機能はどの方式か

手ブレ補正機能には「光学式」と「電子式」があります。それぞれの特徴は以下の通りです。

光学式

揺れによる光の屈折を調整して手ブレを軽減する。

電子式

録画後に映像を調整する。調整箇所の動きが不自然になることがある。

動きの少ない動画を撮影する場合は、電子式でも十分です。しかし、vlogなど手で持って撮影することが多い場合は光学式がいいでしょう。また、光学式と電子式を組み合わせたハイブリッド式もおすすめです。

シーン別の動画撮影機能はあるか

さまざまな場所で撮影する方は、シーン別の動画撮影機能もチェックしておきましょう。

シーン別の動画撮影機能があれば、明るすぎる場合の白とびや影の補正など、シーンに合わせて調整してくれます。また、暗い場所でも問題なく撮影できるでしょう。

動く被写体を撮影するならオートフォーカス機能(AF)も重要

動く被写体を撮影する方は、オートフォーカス機能(AF)を重視しましょう。被写体の動きにピントが追従するので、途中でピントがずれる心配がありません。

本体の大きさと重さをチェック

三脚を使わず手で持って撮影することが多い方は、カメラの大きさと重さをチェックしておきましょう。

いくら高スペックでも重たいカメラだと、撮影中に腕が疲れてしまいます。手に持って長時間撮影するなら400g以下のハンディカメラがおすすめ。

また、購入するときは実際に手にとって、フィット感を確認しましょう。機能にこだわることも重要ですが、使いやすさや撮影シーンを想定して、バランスのとれたビデオカメラを選びましょう。

屋外撮影が多いなら防水・防塵性をチェック

屋外での撮影が多い方は、防水・防塵性を確認しておきましょう。

突然の雨や砂埃は、カメラが故障する原因となります。カメラを長く大切に使うためにも、耐久性は要チェックです。

有名YouTuberが使っている

有名YouTuberが使っていることも、ビデオカメラを選ぶときの1つの判断材料です。

「HIKAKIN」さんや「はじめしゃちょー」さんといったトップYouTuberはどんなカメラを使っているのか調べてみましょう。また、実際に自分が使っているカメラを紹介しているYouTuberもいます。上級者の意見を参考にすることも大切です。

YouTube撮影も可能!ビデオカメラの特徴を解説!

ここで、ビデオカメラの特徴を3つ解説します。

長時間の動画撮影に向いている

1つ目の特徴は、長時間撮影に向いていることです。

スマホは容量の関係から、長時間撮影は難しいのが現状です。一方のビデオカメラは持ちやすい形状で、バッテリーも長時間の撮影に対応できる容量を持っています。中には20時間を超えて撮影ができるものもあります。

また、一眼レフなどに比べると軽くてコンパクトな点も、長時間の撮影に向いているポイントです。

手ブレ補正機能が強力

2つ目の特徴は、手ブレ補正機能が強力なことです。

ビデオカメラは動画撮影に特化した性能なので、スマホに比べると手ブレ補正などの機能が強力です。動きの激しい被写体でも、手ブレの少ない映像にすることができます。

内蔵マイクの性能が高い

3つ目は、内蔵マイクの性能が高いことです。

ビデオカメラの中には、ノイズ軽減性能を搭載しているものがあります。エアコンの音や周囲の喋り声などのノイズを軽減して、クリアな音を録音できます。

動画では、画質だけでなく音声も重要です。いくら画質が美しくてもノイズの多い動画では、視聴者は不快感を感じて離脱してしまいます。画質だけでなく音質の観点から見ても、動画撮影にはビデオカメラがおすすめといえるでしょう。

YouTubeの動画撮影におすすめのビデオカメラを紹介!

それでは、YouTubeの動画撮影におすすめのビデオカメラを4つ紹介します。

YouTubeにおすすめのビデオカメラ①SONY Handycam HDR-CX680

強力な手ブレ補正機能が魅力のビデオカメラです。

「空間光学手ブレ補正」という機能は、レンズとセンサーが一体となり、カメラが動いてもバランスを保てる仕組み。動きながらでも、安定感のある撮影が可能です。

さらに「インテリジェントアクティブモード」により、ワイド撮影時には15倍ブレない安定感を実現しています。他には、SONY独自の空間被写体検出方式により、素早くピントを合わせられる「ファストインテリジェントAF」も魅力です。

YouTubeにおすすめのビデオカメラ②SONY Handycam FDR-AX45

空間光学手ブレ補正」と「4K高画質センサー」により、ブレずにきれいに撮影できるビデオカメラです。

Amazonの商品レビューでも、画質のきれいさを絶賛する声が多くあります。

また、高感度マイクカプセルを搭載しているため、臨場感のあるクリアな音を録れるのも魅力です。約510gと重いのがネックですが、高画質・高音質・各種機能の充実という点で、コスパの高いビデオカメラです。

YouTubeにおすすめのビデオカメラ③Panasonic HC-VX992MS


4K Air」という独自機能で、25倍のズームでもノイズの少ない美しい動画を撮影できるのが魅力。

手ブレと一緒に傾きも補正してくれるため、動きながらでも安定感のある撮影が可能です。

また、スマホに専用アプリをインストールすれば、ビデオカメラから離れても操作ができるようになります。1人で撮影するときにも重宝するでしょう。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥73,466 (2022/07/01 20:17:20時点 Amazon調べ-詳細)

YouTubeにおすすめのビデオカメラ④JVC Everio GZ-RX690

アウトドア撮影がメインの方におすすめ。防水性・防塵性・耐衝撃性が魅力のビデオカメラです。

高さ1.5メートルから落としても衝撃に耐える、水深5メートルで1時間撮影できるなど、タフな環境での撮影を可能にします。

また、視認性の高いモニターを採用しており、眩しい太陽の下でも液晶画面をしっかりと確認できます。

created by Rinker
ビクター(VICTOR)
¥40,985 (2022/07/01 20:17:25時点 Amazon調べ-詳細)

YouTubeの動画撮影はビデオカメラで始めてみましょう!

強力な手ブレ補正機能や高性能な内蔵マイクなど、ビデオカメラは動画撮影に特化した性能をしています。これからYouTubeを始めて、YouTuberとしてレベルアップを目指すなら、ビデオカメラを1台持っておくことがおすすめです。ぜひ自分に合うビデオカメラを見つけて、YouTuberとしての活動を軌道に乗せてくださいね。

今回の記事では「ビデオカメラ」に絞ってご紹介しましたが、「YouTube」撮影におすすめのカメラは他にもたくさんあります。こちらの記事でご紹介しているので一緒にご覧ください!