Photoshop | 輪郭や境界線をぼかす方法!画像のぼかし方も紹介します!

画像編集の定番、Adobe Photoshopには、輪郭や境界線をぼかすといった便利な機能があります

この機能を使うことにより、見せたいものをより印象的に表現できたり、余計なものをぼかしおしゃれな表現をしたりすることが簡単にできます。

今回はPhotoshopで簡単に輪郭や境界線をぼかす方法を画像付きで解説いたします。

Photoshopで選択範囲の境界線をぼかす方法

選択範囲の境界線をぼかすには?

選択範囲の境界線をぼかす方法は、いくつかありますが、まず基本的な方法として選択範囲を作ってからぼかしを設定する方法を解説します。

はじめに、加工したい写真を用意します。

レイヤー内の残したい部分を選択ツールを使って選択します。

(選択ツールはメニューバーから、選択ツールを長押しすることで、長方形選択ツールのほか、楕円形選択ツールなどツールの形状を選択出来ます)

メニューから「選択範囲を変更」→「境界をぼかす」を選択します。

ぼかしの大きさを入力して(数値が大きいほどぼかしの範囲が大きくなります)OKをクリックすると輪郭のぼけた選択範囲ができます。

caution

ぼかしを入れた後に追加で選択範囲を加えると、後で追加した部分にはぼかしが入らなかったり、ぼかしのサイズが違ったりと、同じぼかし具合にならない事があるので、後から選択範囲を変更したい場合は注意が必要です。

ぼかし具合の確認にはPhotoshopのクイックマスクモードを使用すると便利

選択範囲の境界線をぼかす大きさは、基本的に数値に比例します。

数値を大きく設定するとぼかし部分が大きくなり、小さくするとぼかし部分が小さくなります。

point

ただ同じ数値でも画像全体のサイズなどにより、ぼかしのイメージが変わります。ある程度経験を積むことで仕上がりを予想出来るようになりますが、慣れないうちは何度も確認を行うことになり面倒に感じるかもしれません。

ここで便利なのがクイックマスクモードです。選択範囲を設定した状態でクイックマスクモードに切り替えると、選択範囲外の部分が半透明で着色され、ぼかし具合を確認出来るようになります。

方法は残したい部分を選択した状態でぼかしの大きさを指定します。(上記参照)「選択範囲」→「クイックマスクモードで編集」で画面がクイックマスクモードに変わり選択範囲外の部分が着色されます。

マスクの色は初期設定で赤になっていますが、画像の色によって見づらい場合は変更することが可能です。

ツールパレットの「クイックマスクモードで編集」をダブルクリックするとカラーパレットが表示されます。見やすい色に変更しOKをクリックするとマスク部分の色が指定した色に変わり見やすくなります。

慣れてきたらぼかし具合を設定してから選択することも可能

選択範囲の境界をぼかすことに慣れてくると、ぼかしたいイメージに対してどの程度ぼかしたらよいかわかるようになってきます。

はじめからぼかす大きさを決めて選択範囲を設定することで手間を減らせます。

方法はツールバーで選択ツールを選択した状態で、オプションバーの「ぼかし」の部分にぼかしたい数値を入力します。

この状態で選択範囲を作成すると指定した大きさのぼかしが入った状態で選択範囲が作成されます。

また選択範囲の追加など、このぼかし量を設定した状態で行うと同じぼかし量の選択範囲が追加され、ぼかし具合を統一できます。

Photoshopで画像の境界線(輪郭)をぼかす方法

選択範囲から輪郭をぼかした画像を作成

境界線(輪郭)をぼかした画像を作るには、選択範囲から新規レイヤーを作成します。

方法は、まず境界をぼかした選択範囲を作ります。メニューバーから「レイヤー」→「新規」→「選択範囲をコピーしたレイヤー」を選択すると、選択範囲部分のみの新しいレイヤーが作られます。

レイヤーパネルでコピー元のレイヤー左側の目のアイコンをクリックしてレイヤーを「非表示」にすると、選択範囲のみのレイヤーが確認できます。

また、選択範囲をコピーして、別のファイルにペーストすることでも輪郭をぼかした新しいレイヤーを作成することができます。

   

レイヤーマスクを使うと選択部分を追加・削除が可能

   

選択範囲をコピーしたレイヤーは、選択した部分だけで新たなレイヤーをつくるため「選択部分をもう少し増やしたい」等の追加の加工は直接画像に加工を加える事になります。

レイヤーの機能であるレイヤーマスクを使うことで、輪郭をぼかし画像部分の追加や削除が自由に出来るようになります。

    

方法は、まず輪郭をぼかした選択範囲を作ります。「レイヤー」→「レイヤーマスク」→「選択範囲外をマスク」で、選択した以外の場所にマスクがかかり表示されなくなります。

   

   

  

マスクの下に元画像が隠れていますので、マスク部分を加工することで輪郭部分を調整することができます

   

   

    

クイック選択ツールで複雑な輪郭も簡単に選択

   

人やモノなど、輪郭が複雑な画像の境界線をぼかすには、クイック選択ツールを使用します。

クイック選択ツールは選択したい部分の輪郭をクリック&ドラッグすることで境目に沿って選択範囲をつくる事が出来、選択したい部分が比較的単調で選択外の部分との境目がはっきりとした画像に向いています。

   

クイック選択ツールで選択する方法は、まずツールバークイック選択ツールを選択します。

   

   

画像の選択範囲を作りたい部分のエッジ近くでクリックし輪郭に沿ってドラッグします。

Photoshopが輪郭を自動認識し輪郭に沿った選択範囲をつくることができます。

   

   

さらにオプションツールの「+」のついたツールと「-」のついたツールを使い選択範囲の調整をすることができます。

   

   

マグネット選択ツールでも複雑な輪郭のぼかしが可能

   

選択したい画像部分が複雑で、クイック選択ツールでは何度も選択を繰り返す必要があり、選択外と境目がはっきりとしている画像の場合は、マグネット選択ツールを使います。

   

   

ツールバーでマグネット選択ツールを選び、選択したい画像の境目にカーソルを合わせクリックします。

後は輪郭に沿ってカーソルを移動させていくと、輪郭をPhotoshopが認識し境目に合わせて選択範囲が作られていきます。

   

   

  

ほかにも、様々なツールを使ってきれいに簡単に輪郭をぼかしてみましょう。

   

【番外編】Photoshopで画像をぼかしたい場合

   

Photoshopのフィルターを使って色々なぼかしに挑戦しよう

   

Photoshopには、画像をぼかす為のフィルターが、たくさん用意されています。

フィルターを使って、画像全体(または部分的)に様々なぼかし効果を入れる事ができます。※背景をぼかす方法については、別の記事にて紹介していますのでこちらをご参照ください。→https://creators-plus.jp/photoshop-blur-background/

   

  

画像をぼかすには、まずぼかしたい画像を開きます。メニューの「フィルター」→「ぼかし」から様々な種類のぼかしを選択出来ます。

   

   

ここでは一般的な「ぼかし(ガウス)」を選択します。「ぼかし(ガウス)」の設定から、ぼかしの大きさを調整できます。選択範囲のぼかしと同じように、数値が大きくなるほどぼかし効果は大きくなります。

   

   

   

プレビューにチェックを入れると、実際の画像でぼかしの状態をチェック出来ます。プレビュー機能を使って、ガウス以外の様々なぼかしをチェックする事も出来ます。

   

部分的にぼかしを入れたい場合は選択範囲で指定

   

画像を開いたままぼかしフィルターを使用すると、画面全体にフィルター効果が適用されます。

  

全体でなく部分的にフィルターをかけたい場合は、選択範囲でぼかしたい部分を選択します。

選択した状態で、全体をぼかすのと同じように「フィルター」→「ぼかし」→「ぼかし(ガウス)」

(※ここではとりあえずガウスを指定します。すると選択範囲内だけにぼかしフィルターがかかります。)

   

  

選択範囲をによるぼかし効果を使うことで、一つの画像の中に種類の違うぼかしをかけることもできます。

   

ぼかしツールで手で書くように「ぼかし」をいれることも可能

   

ぼかしツールを使って、手でなぞるようにぼかしを入れることもできます。

   

まずツールバーから「ぼかしツール」を選択します。オプションバーでぼかしツールの硬さや大きさ等詳細を調整します。

画像のぼかしたい部分にカーソルを合わせ、クリック&ドラッグで画像をなぞると、部分的に画像をぼかす事ができます。選択範囲でぼかす方法と違って、絵を書くように自然なぼかし効果を得ることができます。

   

   

   

Photoshopを使って境界線をぼかしてみよう!

ぼかし効果は、Adobeフォトショップでもっとも使いたい機能の一つです。

一見何気ない写真も、境界線をぼかしほかの背景や画像と組み合わせたり、空いた空間に文字を入れたりと、様々な組み合わせが可能になり色々なアイデアが可能になります。

ばかし加減を調整する事で、背景に入れた別の画像と自然と馴染む合成画像などもつくることができるようになります。

境界線のぼかし機能は画像を加工する上で、必須のテクニックと言えます。

様々なぼかしをどんどん取り入れ、おしゃれ、または格好いい画像づくりに挑戦してみてください。