Adobe Premiere Proを無料で使う唯一の方法とは?【購入前の方必見!】

  

高機能な動画編集ソフトとしてプロや上級者に使用されているAdobe Premiere Proですが、無料で使用できる方法があります。

 

本記事では、Adobe Premiere Proを無料で体験する方法や期限、機能制限を詳しく解説します。さらに、Premiere Proが無料ではないにもかかわらず人気な理由もまとめました。

 

購入前で迷っている方は本記事を参考にしてみてください。

  

Adobe Premiere Proを無料で使う方法

  

Adobe Premiere Proを無料で使う手順を解説します。開始手続きはとても簡単です。

  

①Premiere Proトップページで「無料で始める」をクリック

  

まずは Adobe Premiere Proのトップページにアクセスし、「無料で始める」ボタンをクリックします。

  

 Adobe Premiere Proトップページ⇒https://www.adobe.com/jp/products/premiere.html

  

左側にある「購入する」ボタンをクリックしてしまうと無料体験版のメニューは出てきませんので注意しましょう。

  

  

②Premiere Pro単体プランまたはコンプリートプランを選ぶ

  

Premiere Pro単体プランかコンプリートプランを選ぶ画面が表示されます。Premiere Proのみ使う場合は左側の単体プランを選択しましょう。

  

  

Adobeコンプリートプランは高性能なAdobeソフトを全て使用できるプランで、PhotoshopやAfterEffectsなど高性能なAdobeソフトを全て使うことができます。

  

point
複数のAdobeソフトを使うかもしれない場合は、単体プランよりもコンプリートプランの方がオススメです。

  

③Premiere Proプランを選び、メールアドレスを入力

  

メールアドレスを入力して「続行」をクリックします。

Adobe IDを持っていない場合も、一旦はそのまま利用開始手続きを進めることができます。

  

Adobe IDを持っていない場合は、体験版利用手続き完了後にパスワードを設定することで利用開始できます。

  

  

④カード情報を入力し無料体験版を始める

  

Premiere Proのプランを選択します。単体プランは以下のメニューから選択できます。

  

point
<Premiere Pro単体プランのメニュー(税込)>

  • 年間プラン(月々払い):2,728円/月
  • 年間プラン(一括払い):28,776円/年(月額2,398円相当)
  • 月々プラン:3,828円/月

  

これらの金額は通常価格ですが、セールで安くなっている場合もあります。また、無料体験期間内に解約すれば料金は発生しません。

  

最後にカード情報を入力し、「無料体験版を始める」をクリックしましょう。

  

  

これでPremiere Proがダウンロードできる状態になります。AdobeアカウントページからPremiere Proのダウンロードがが可能で、複数端末でもダウンロードできます。ただし、同時にログインできる端末は2台までです。

  

また、Adobeアカウントページでは契約プランの内容を確認できます。

Adobeアカウントページはこちら⇒https://account.adobe.com/

  

  

Adobe Premiere Pro無料体験版の期間や制限

  

Adobe Premiere Proの体験期間は7日間で永久版はない

  

Adobe Premiere Proの無料体験版の期間は7日間です。永久に使える体験版はありません。7日間じっくりと使ってみれば、使用性や機能を確認できますね。

  

Adobe Creative Cloudのコンプリートプランも無料体験期間は7日間です。コンプリートプランではPremiere ProだけでなくすべてのAdobeソフトを7日間無料で使用できます。

  

 Premiere Pro体験版は機能制限なし

  

「体験版」という名前ですが、機能制限はありません。

  

他のソフトでは無料体験版は映像に「体験版」という帯が付くことがよくありますが、Premiere Proでは帯が付くことはなく、製品版と同様に動画編集することができます。

  

体験後の放置に注意!

  

無料体験版は永久ではなく、7日間限定です。無料体験期間を過ぎると、本契約に移行して課金されてしまいます。放置して後で慌てることがないように注意しましょう。

 

アカウントページで無料体験期間の残り期間を確認することができます。

  

解約手順は3ステップで簡単

  

解約手順は3ステップで簡単です。無料期間内にプランを解約する場合の解約手順を解説します。

  

①Adobeアカウントページの「プランの詳細を確認」ボタンをクリック

Adobeアカウントページを開きます。

Adobeアカウントページ⇒https://account.adobe.com/

  

  

アカウントページでは、契約プランや無料体験期間の残り日数を確認することができます。

アカウントページ内の「プランの詳細を確認」ボタンをクリックします。

  

②プラン詳細画面の「プランを解約」ボタンをクリック

Premiere Pro単体プランの詳細画面が表示されます。プラン詳細画面内の「プランを解約」ボタンをクリックします。

  

  

③プラン解約ページで解約手続きする

プラン解約ページが表示されます。

  

このページではプランのフィードバック、解約詳細の確認、特典の確認のうえ、解約の最終確定を行います。

  

  

以上で解約完了です。解約完了すると次のように「ご契約のプランが解約されました」というメッセージが表示されます。

  

  

なぜAdobe Premiere Proは無料でなくても人気なのか?

 

無料の動画編集ソフトもある中、Adobe Premiere Proは有料ソフトですが動画編集ソフトとして不動の人気を得ており、動画編集のプロにも多く利用されています。

 

Premiere Proが有料にもかかわらず多く利用されている理由をまとめました。

  

プロ上級者向けのハイエンド機能

  

Premiere Proの一番の魅力は、プロが納得できるハイエンド(高品質)な動画編集機能を搭載していることです。

  

自分オリジナルで様々なエフェクトを使用したり微調整したりして、自分がイメージしたとおりの高品質な動画を作ることができます。複数動画の合成、テロップ付け、モザイクなど様々なエフェクト加工といった高度な動画編集も思い通りに行うことができます。

  

Premiere Proは動画編集のほとんどをできるほど多機能で、習得に時間がかかる分、動画編集の技術を磨くことでElementsでは表現できないオリジナルの動画編集をスムーズに行えるようになるため、これから動画編集スキルを磨きたい人にもオススメです。

  

Youtube動画も高品質に作成できるため、Premiere Proをマスターし動画編集スキルを磨けば、これからクラウドソーシングの仕事も受注しやすくなるでしょう。

  

WindowsでもMacでも使える

  

Adobe Premiere ProはWindowsとMacの両方に対応しています。

  

どちらのOSでも機能は同じで両方のユーザーからの評価は高く、WindouwsユーザーとMacユーザー両方から多く利用されています。異なるOS間でデータ共有することもでき、とても便利です。

  

使い方が調べやすい

  

Adobe Premiere Proはクリエイティブアプリの大手であるAdobeが開発したアプリなので、公式サイトのユーザーガイドやチュートリアルが充実しており、できることや使い方を学びやすいです。

  

Premiere Proユーザーも多いので、Youtubeやネットを検索すれば使い方がたくさん掲載されており、使い方に迷ってもすぐに解決することができます。

  

他のAdobeソフトと連携できる

  

コンプリートプランなら、Premiere Proと他のAdobeソフトの連携が簡単にできるため、より高度な動画編集が可能になります。例えば以下のようなAdobeソフトを動画編集で連携できます。

  

 
  • 特殊なエフェクト加工:After Effects
  • アニメーション作成:Animate
  • 音声編集:Audition
  • 動画に入れる画像編集:Photoshop
  • 動画に入れるイラスト制作:Illustrator

  

  

まずは無料体験版でPremiere Proを使ってみよう!

  

アドビのプレミアプロは動画を思い通りに編集できる高性能な動画編集ソフトです。

Premiere Proの単体プランや、高性能なAdobeソフトをすべて使えるコンプリートプランには無料体験版があります。

  

体験版は永久には使うことはできず7日間限定ですが、機能は制限なしです。解約も数ステップで簡単にできます。迷っている人は、まずは気軽に無料体験版を試してみましょう。